So-net無料ブログ作成

フォルクスワーゲン up! GTI [インプレッサ]

やっとスバルさんから連絡があり、来週中(9/15の週)に着手できるかもしれないとのこと。
スバルテクニカインターナショナルから部品を購入して、下請けの町工場に発注するわけです。
でも、STI(当時は「STi」)が生産を終了している spec C TYPE RA-R 専用パーツは現行のSTI汎用品で代用してよいか訊かれました。
否も応もありません。
幸い、運動性能にも空力にも影響のないパーツでしたが。

ただ、もういい年の私が、 spec C TYPE RA-R に乗り続けるのはスーパーオーバークオリティの感が否めないのも事実です。
能力の1000分の1も使いこなせていない。これまでも、これからも。
ここはひとつ、これを機会に穏当で風貌没個性ながら分相応な車に乗り換えるのも良いのかもしれません。

地味だけど、そこそこには良い車。

フォルクスワーゲン up! GTI  などはどうだろう、と思ったりもします。  
0-100km/hが8秒代後半と鈍足ながら、けっして鈍重ではない。
田舎道をゆっくりと、しかしキビキビ・ちょこまかと走り、 狭い道もらくらく軽快に歩き回る。
spec C TYPE RA-R
  が運動場の非長距離系アスリート(短距離走者ではなく、ア式蹴球の前攻手のような前後左右のフェイント、ダッシュ。)ならば、フォルクスワーゲン up!  GTI は畦道の手押し一輪車(決してリヤカーではない。)。状況が求めれば小走りだってできる。                      

小さな999cc TSIエンジン

最高出力116PS/5000-5500rpm、最大トルク20.4kgm/2000-3500rpm

6速マニュアルトランスミッション

燃料消費率 21.0kg/ℓ                                                      

up!GTI.PNG 車重1000kg  全長3625mm   全幅1650mm   全高1485mm

車両本体価格(税)¥2,299,000


車とぶつかれば、自分は死ぬが相手は傷つけない博愛仕様。
私のような「後期高齢者」には最適ではなかろうか。余命いくばくもない。

脳梗塞の後遺症もあるし。
生きていていいのか、という意見も聞く。


20199月8日(日)午後5時20分発、15.43kmWAVE SONIC 
自右膝に違和感があって、やはり自重するはずが、ついつい夕方になると出かけてしまう習性(笑)。
 
20199月10日(火)午後7時40分発、7.88kmSORTIEMAGIC
帰宅したら散歩しようと思っていたら、泣き落としに負けて急ぎの仕事を受けてしまい、定刻に退勤できませんでした。

因みに、依頼者に確認事項の電話を入れたところ、定刻ちょうどに退社したとのこと。
ドライと言うか、薄情ぢゃ・・・。そんな殺生な、て感じ。

しかも、仕事仕上げて退勤し乗ろうと思ったバスが10分も遅れて来た。
で、連鎖で、バスセンターで乗り継ぐ筈のバスが目の前で出発し、ここでもさらに10分遅れたわけです。

結果、帰宅して散歩に出かけたのが夜8時近く。

翌日も朝から外回り(巡回)の作業(肉体労働)があることから、夕食が遅くなるのは避けたくて、短時間で切り上げることになりました。

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。