So-net無料ブログ作成

徒歩走靴の実相! [妄言妄語]

     左 GELFEATHER GLIDE 3  374km             右 LYTERACER RS5   645km

靴A1.jpg靴B2.jpg
















左側の靴:右足裏底は第一層、第二層が摩耗し、第三層が見えている状態。履いた感じは、ベアフット感覚(笑)。
踏切が右足の走り幅跳び選手の靴底はこんなふうに摩耗するのであろうか?


右側の靴:第一層がやや摩耗した感じ。第二層は現れているが、第三層に達した感じは皆無。走っていて特に違和感はない。

不思議なのは、400kmも履いていないGELFEATHERが壊滅的な減耗状態であるのに、600kmをだいぶん超えているLYTERACERはもうちょっとは履けそうなこと。

そして、GELFEATHERが左右のアンバランス、前底と踵底のアンバランスが顕著で、LYTERACERはそこまでの酷い偏りはないこと。

履き心地や走り(歩き)易さは殆ど変わらないので、永遠の初心者ジョグウォカーにとっては、価格の安さも含め、LYTERACERがコストパフォーマンスには優れているということになりそうです。


いずれにしても、どちらの靴も、左足用はまだまだ十分に履けそうで、もったいない・・・。

左右の視力がアンバランスなのか、奥歯の噛み合わせがおかしいのか?

脚や膝は右足が疲れるし痛みやすいのに、アキレス腱や脹脛は左足が痛むし攣やすい。

そうとう奇妙なフォームでジョグウォクっているのでせう(笑)。


20197月28日(日)午後6時12分発 11.19kmSORTIEMAGIC 
短い距離をゆっくりと散歩した(保育園児たちの集団お散歩よりも遅い!)けど、暑いのです。


夜でも、熱中症には油断できません。


20197月30日(火)午後7時00分発 10.07kmGELFEATHER GLIDE 3
執務スペース近傍で窓の埋設工事が夜間に行われるということで、半強制的にではありますが、久々に定時近くの早い時刻に退社し、したがって久々に退勤後お散歩をば敢行いたしました。

西九州なので、夜の7時を過ぎても夕陽燦燦で、サングラスは必須です。

上の ↑ 靴底第三層まで摩耗が進んでいるペラペラ靴を履いてでかけましたが、前足部にインソール二重を仕組んだおかげか、いたって快調でした。

足裏が、出発前より帰宅後のほうが快調。

膝、アキレス腱、脹脛も帰宅後が快調。

もしや、出かける前に摂取した AMINO SPIKE がよかったのかも。

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

梅雨明けて熱中症同伴散歩♪ [暮らし]

数日前に九州も梅雨明けして、好いお天気になりました。

昨日は、陽のあるうちに退社したので、帰途、青い空と白い雲を見ることができました。

沖縄、山口はちょっと違うのですが、鹿屋市にいた時も鹿児島市にいた時も、梅雨明け直後の空は一年のうちで一番ビビッドでした。

風景そのものが、突然スモークフィルターが外されたかのように、クリアでカラフルになるのです。

ここ佐賀でもそう。

昨日の夕空の青とダイナミックに展開する様々な雲の様子を見て、ドラマティック&ビビッド、嗚呼、梅雨が明けたと報道を見るまでもなく直観(直観7、直感3と言う感じ)しました。


20197月25日(木・休)午前11時10分発 16.28kmGELFEATHER GLIDE 3 
梅雨が明けたからといって湿度が下がるわけではありません。
陽光が照り付けてくる点が違うだけでしょう。
今日も、ほどよい潤いを含んだ熱気で、温暖な好いお天気でした。
正午跨ぎでお散歩(ジョギング)させていただきましたが、とてもとても潤んだ空気と、熱く(暑く、というより熱く)照り付ける陽光は那覇のお散歩を思い出し、懐かしい気持ちになりました。
ただ、潤んだ空気に塩分がたりない、つまり空気がべとつかないのが佐賀。
外海から離れている佐賀ですが、塩分の少ない海辺の風を受けている錯覚に浸れます。
まあ、気温は33℃あったらしいので、熱中症への警戒は忘れてはいけません。
冬は結構何度も行くトイレですが、本日は、水分は沢山摂っているのに尿量が非常に少なかった。
塩分ミネラル飴も舐めていましたが、それでも足りなかったのでしょう。終盤、脹脛が攣りそうになり、あるきましたが、塩分ミネラル不足の兆候です。
  
それを踏まえて
20197月27日(土)午前10時20分発 17.47kmLYTERACER RS5 
             午後   8時10分発    7.08kmGELFEATHER GLIDE 3
木曜日よりも1時間弱早めにでかけました。
この甲斐あって、雨が降り出す前に帰還できました。
熱中症との闘いに関しては、最初からミネラル・塩分飴を舐めたせいか、意識不明で倒れることも脹脛の攣りで走行不能になることもありませんでした。
雨が明けたからといって湿度が下がるわけではありません。
私は、カバヤ食品の「塩分チャージタブレッツ」を3粒携行して、サプリメントドリンクと一緒に摂っています。
フォアオールシーズンのサプリメントドリンクだけだと、この時期には塩分類が薄すぎるようです。
サプリメントだけでも熱中症は大丈夫と思いますが、手足の攣り&脱力には不十分だと思います。
純水しか飲めないときは、飴は大目に舐めます。
 
ところで、二人でやっていた業務をこの4月から一人でやる羽目になり、4月は無償のサービス残業・休日出勤で対応していましたが、これは労基上会社側に迷惑がかかるということで、総務の指導により5月以降は「正直ベース」で超過勤務実績を記録・提出しています。
全超過勤務時間と、そのうちの超過勤務として手当を算出する対象となる時間を提出して、その理由も個別にわかるようにしています。
例えば、朝は一時間ほど早く出勤していますが、これは始業前清掃と始業準備作業のため、勤務した時間としては請求していません。当然です。
これまでの超過勤務時間は、3年間のトータルで0時間でした(実働の超過勤務も月に10時間ほど)。
それで(4月以降は業務量が倍増したことから)5月以降「正直ベース」で提出したら、当セクションで最高ということで、ちょっと問題になりました。
いままで超過勤務0時間だった人間がこの5月から突然何十時間も実績を出すものだから、「カラ超勤」を疑われて当然です。
二人でやっていた仕事を一人でやることになったという特殊事情があるとしても、「カラ超勤」もしくは「手当狙いの無駄な残業」を疑われることは「当然」なのです。
「提出しないといいのに」とも言われましたが、私はいいとして、露見すれば会社側は致命的なダメージを負います。
それは、現役時代20年弱管理職をやっていた私が学んだ労働現場の教訓です。
ま、そういうこともあって、せめて土日の出勤はやめてくれ、という要請があったので、やるべき業務は雪だるま式に膨らんで行き、アウトプットは顕著に遅延し全部門に支障が生じるとわかりつつ、これに従うことになりました。
その分平日の残業を増やす手もありますが、私は免疫性不治疾患の関係で22以降の業務遂行は避けたいので、やはり、やり残しは漸増することになります。
欠員を補充することが唯一の解決策だとわかっている筈ではありますが、一人分の人件費が浮く魅力には勝てないのでしょう
10月くらいには普通の人を補充してほしいものです。

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

308 GTi by PEUGEOT SPORT [インプレッサ]

あらためて実感するのですが、乗用の自動四輪車の世界では、クラッチペダル式手動変速装置(MT)を備えた車がどんどん減っています。

たしか、ベンツとアウディにはありません。

つまり、問題外、関心外です。

BMWでもM2とM4くらいにしか設定が無いようになりました。

ポルシェ・ケイマンやケータハムやロータスはありますが、ちょっと目立ち過ぎます。

また、巻き込まれ死亡事故の多い昨今、ロータスやケータハムの超軽量ボディは不安過ぎます(ケータハムなど、軽自動車よりも数百kg軽いですから。バイク級。)。

現保有車がいまだ最高状態に機関絶好調なので、買い替えの気持ちがまったく生じませんが、このままいくとクラッチペダル式手動変速装置(MT)を備えた車は皆無になる可能性があります。

日本でも、スバル、マツダ、スズキには頑張ってほしいと思います。

まあ、外国車が急速にAT化する中、意外にもプジョーが今年の夏も(「夏」に意味はないが)依然としてクラッチペダル式手動変速装置(MT)付きの自動四輪乗用車を造り続けていることに少し感動しました。

270馬力とパワーは控えめでが(1598CCですから)、また左ハンドルオンリーで日本の交通には合いませんが、心意気には惹かれるものがあります。

自分自身はM2 Competitionを買いますが、弟への誕生日プレゼントには308 GTi by PEUGEOT SPORT を贈りたい。

308GTi.JPG














308GTi2.PNG















回転計は中央に配置してほしいものですが、真円ではないステアリングホイールと硬質メタル風のシフトノブ、アルミ製の3つのペダルは良いと思います。

私の現車、操舵輪は真円ですが、シフトノブはセラミック、ペダルはアルミ製なので劣化がありません。

同型車ではありますが、前保有車は、シフトノブは革製、ペダルはゴム製だったので、摩耗や劣化がありました。

衣類とは違い機能品は劣化摩耗(ダメージ)は良くありません。

余談ですが、現車では、クラッチペダル左(中央)側の床表装(フロアマットの保護外のカーペット)擦り切れ始めています。

走行距離の割に変速操作が多いせいでしょうか。

クラッチペダル式手動変速装置(MT)付きの自動四輪乗用車の場合、感触に悪影響を与えない範囲での床表装の強化は考えたほうが良いでしょう。

もちろん、運転席のクラッチペダル付近だけでよいと思います。

余談の中の余談ですが、現車の助手席に人が座ったのは、延べ3時間ほど(大笑い)なので、助手席は完全なラゲッジスペースです。

そういう意味では、シングルシーターの車も普通に市販してもいいのかなと思います。


20197月15日(月・祝)午後4時20分発 14.26kmGELFEATHER GLIDE 3 

2019720日(土)  午後3時10分発 14.61kmLYTERACER RS5 

月曜日はともかく(小雨)、今日の雨はなかなか激しゅうございました。

家を出た時は小雨だったのですが、5分間隔ぐらいで小康と豪雨をグラデーション的に不定期で繰り返し、完全にずぶ濡れです。

風は強いがそんなには寒く感じないので、水遊び感覚でジョグりましたが、雨で滑りやすくなる舗道表装の区間は足運びに神経を使います。

また、深めの水たまりにも足をとられないよう変則的な迂回足さばきも。

そういうことで、雨の日のお散歩は、足が攣りやすくなります。脹脛です。

どれだけ濡れてもいいので(すでに全身ずぶ濡れの襤褸布(ぼろぎれ)状態)、脹脛が決定的につらないよう楽にゆっくりということを念頭に置きつつ、もっとジョグウォクを続けようと思っていたのですが、遠雷がどんどん近づいてくるのを感じるや否や、私はそそくさと家路に就きました。

私はこの世で雷が一番怖いのです。

ちなみに二番目は蜂です。


翌日、日曜日は朝からはっきりした雨。

8時半から業務開始。つまり平日の残業で捌ききれず溜まった仕事を片付けるため、定時出勤です。

私の部署は平日から一人勤務になってしまったので、日曜だから一人、と言うことでもなく常に一人。

最近は、働き方改革が奏功し、私の居る建物では、各部屋明かりが点いていません。

土日に建物独勤していると、構内全体を監視・管理する監理センター(隣の隣の建物にある。)から警備員さんが巡視&誰何に来訪されます。

数分間、他愛もないお喋りをします。

この日は、構内にある別セグメントの係長さんが顔を見せられました。

何でも、休日開館(そういう部門です。)担当の学生アルバイトのうちの一人が折からの大雨で出勤できなくなったため、責任者である彼が緊急に代役として出てきたということでした。

5時過ぎに帰宅すると雨が上がったので、急遽お散歩に出かけるべく着替えてドアを開けたら、また大雨となり、この日の外出は断念しました。

雨の夜に無理に出かけてもあまりよいことはないでしょう。

コメント(0) 
共通テーマ:自動車

初夏か?梅雨か?豪雨・・・ [暮らし]

2019年7月6日(土)、午前11時20分発、14.75kmGELFEATHER GLIDE 3
                               
午後  7時20分発、  8.06kmUNDEARMOR VENT

お昼は、まさに初夏。
適度に潤いと熱を含んだ薫風と青空。
まさに子供時代の7月初旬の空気感と情景です。
当時の、夏休み前の、トロピカルっぽいが本格的には暑くない、短期限定的なよい感じ

そういったものを今日のお昼の散歩では感じました。
夜は、涼しくなりました。
そこで、
UNDEARMOR VENTを履いて疲労回復のお散歩です

2019年7月7日(日)、午後3時50分発、13.38km (LYTERACER RS5)

2019年7月11日(木・休)、午後4時15分発、15.14mGELFEATHER GLIDE 3

お休みですが、仕事が溜まっているので朝の8時から昼の3時までは仕事をしないわけにはいきませんでした。

まあ、その分仕事が捗ると、多少は充実感、満足感を味わえるので、苦にはなりません。
自宅で一人徒然を堪能するよりも楽しいかもしれません。
これが、当該勤務区画(建物)には誰もいない土日祝祭日となると多少違ってきますが。

2019年7月14日(日)、午後4時10分発、18.62m (LYTERACER RS5)

金曜日は豪雨でした。梅雨末期のような。
そして土、日、海の日と3連休(もっとも土曜日が休みではない事業所もありますので、これを3連休と言うのは随分と身勝手と言うか・・・)、昨日の土曜日、それから今日の日曜日は雨です。
昨日は体調が優れず、頭痛もしたので(ロキソニン服用)、一日をほぼほぼ寝て過ごしました。そんな日もあっていいでしょう。撮り溜めたテレビ録画を視ました。
ただ、今日は午後には雨も上がり、うっすらと陽も射してきました。
ということで、夕方にちょっと散歩に出ました。
もう路面は乾いており、また風も弱まっていて、ジョグウォクには全く問題ありませんでした。


コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

散歩で負傷♪ [散歩]

2019年6月23日(日)、午後4時35分発、12.21km(GELFEATHER GLIDE 3)


2019年6月27日(木・休)、午後0時35分発、18.15km(LYTERACER RS5)


2019年6月29日(土)、午後7時40分発、12.62km(GELFEATHER GLIDE 3


まあ梅雨入りしてお天気が悪いということもあって、散歩は自重気味。

それと、7月1日は月初めで外回り(屋外)内回り(屋内)巡回点検のハードワークをやらされるので、前日の6月30日は完全休養といたしました。


2019年7月4日(木・休)、午後6時19分発、13.67km(LYTERACER RS5)


なんと今日は晴れです。

3日前にSW銀行から電話があり、定期の記帳(自動継続)に来てください、その際にキャンペーンの景品も差し上げます、7月4日の午前9時にまたでんわします、と言われました。

SW銀行の当市支店は住まいの近所なので、朝9時にはでかける態勢を整え(たいしたことではないが)電話を待ちましたが、9時45分になってもありません。

それでこちらから電話したら、担当者は外出しているとのこと。

昨年は、指定の時間に銀行に行ったら休んでいたということもありました(予想していた通り忌引きでしたが、亡くなったのが親兄弟でもなかったので、予定キャンセルの短い電話くらいできたのではないかと疑問に思ったものです。)。

上司も事情説明はするが、部下がキャンセルの連絡を怠ったことを謝罪するわけでもない。

上司も含め、現代の若い人の常識と言うか職業倫理はこんなものか、と呆れましたが、腹は立ちませんでしたし、叱責もしていません。諦念です。

担当者は同じ人です。

今回も予定キャンセルの連絡がなかったことに、今回も怒ってはいませんが(年を取ると本当に寛容になります。)、最初の予定が突然崩れると、なんだか気持ち調子が狂います。

で、夕方散歩にはでかけました。

途中、南バイの佐大交差点手前(東方)の歩道で、対向する眼前の自転車との正面衝突を回避すべく車が来ていないことを確認したうえで車道に避(よ)けたつもりが、区分け縁石に躓いてアスファルト路面に転倒激突してしまいました。

頭は打っていなくて意識はありましたが、激突打撲の衝撃で起き上がれず、しばしうつ伏せで倒れていました。対向する歩道上の自転車が横を通り過ぎるのが、うっすらとわかりました。

数秒後に上半身だけ起き上がることができて、車道上で歩道向きに足を伸ばして座った状態に漕ぎつけました。

歩行者のご婦人が、大丈夫ですか?と声をかけてくださいました。

救急車を呼ぶほどのことではないので、「なんとか大丈夫のようです、ありがとうございます。」と応えました。

声をかけていただけるのは本当にありがたいし、心強く思います。

車が来る前に、必死這う形で何とか歩道に戻りましたが、立ち上がれず歩道上で足を伸ばして座っていると、今度は後方から来ていた自転車の男子高校生が、大丈夫ですか?と声掛けをしてくれました。

先程と同様に、「大丈夫です、ありがとう。」と応えました。

心優しい高校生もいるものなのだなぁ、と感心しました。

右膝に出血はありましたし、両掌(てのひら)は真っ赤に内出血しましたが、骨折はないようでした。

右肩も、従来の痛みがまた重篤化しました。これが一番つらいかもしれません。

しかし、車が来ていなくて本当に良かった。

いや、車が来ていたら、そもそも車道には避けていません。

そんな、久々に危険なお散歩でした。

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感