So-net無料ブログ作成

6月の熱中症的お散歩♪ [散歩]

2019年6月20日(木・休)、午後3時59分発、15.15km(GELFEATHER GLIDE 3)
 
今日は木曜日で週休ですが、4月以降は、金曜日に持ち越すには多すぎる案件を多少は片付けるために部分出勤することが増えています。

今日も始業時刻の30分前には仕事を始めました。

午前中で目星を付けて退勤する予定でいたのですが、いれば何かと照会や相談事が舞い込み、やりたいことは予定通り進まず、午後3時過ぎにはこれ以上の進捗を諦めて職場を後にしました。

やはりいつもどおり金曜日も大忙しになります。

午後7時には宅配さんの配達があり、その前に買い出しやお散歩を済ませておきたかったのです。

執務空間は冷房していなくて暑くはあったのですが、建物の外に出ると、クラっと来て、そのままふらつくほどの暑さでした。

車の外気温計は35℃を示していました。

帰路の路上では34℃まで下がり、自宅に着くまで34℃のままでした。

自宅マンションの建物の中に入ると、共用部分は冷房されていないのに(各戸居室の個別機しか空調はない。)随分と涼しく感じます。

で、すぐさまお散歩に出たわけですが、退勤時と同様、クラっときて、フラ~っときました。

この状態は、以後、ずーっと続きます。

まだ暑さに慣れていない体(脳や心肺も含め)ですから、今日はお散歩は休止したほうがよかったのではないかと思います。

運よく倒れずに済んだ、という感じです。


2019年6月22日(土)、午前11時35分発、14.51km(LYTERACER RS5
                                 
午後  8時00分発、  7.11km(SORTIEMAGIC

今日も、見方を変えればとてもトロピカルな麗しいお天気です。

週末(昨日まで)は残業して仕事を片付け、今日土曜日は出勤しなくてもよい状況漕ぎ着けました。

とは言え、右脚(膝回り:関節や筋肉)と右肩の状態があまりよくないので、出かけるのをためらってしまいます。

新しいバックパックを早く試したいので結局散歩に出かけることにしたわけですが、逡巡を重ね意思決定に時間をかけ過ぎたため、お昼前のお出かけとなりました。

日中の一番過酷な時間帯に出かけてしまったわけで、病躯老体にとってあまりよいことではありません。

大汗はかきつつも身体はそれほどきつくなかったのですが、頭が駄目です。

フラフラです。

ボーっとしたままで、しばしお散歩を楽しみましたが、ほどほどでやめました。

遊んでる子どもや散歩している大人は散見されましたが、ジョギングしている人とは一人も出会いませんでした。

ということで、涼しくなった夜に、再びお出かけしました。

ヘッドランプは、最近購入した1,200円の強力ライト。

車の前照灯には及ばないと思いますが、強烈に明るく、足元及び周辺部をしっかりと照らしてくれます。また、前照灯を眩く照らしてくる対向車には眩しさを返礼できるレベルと思われる。現に、前照灯を下向きに変えてくれる対向車もいました。

それと、SOTIEMAGIC の素晴らしさをまたまた再認識することができました。

軽いこと、反発力があることがこれほど走りに影響するのだな、と。

靴底の前足部が補強されているので、足は他の靴より護られる。

ただ、頑張れる分、土踏まずの筋肉に負担がかかるようで、翌日は足裏筋肉痛☆

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。