So-net無料ブログ作成
交通安全・マナー ブログトップ
前の30件 | -

再び安全運転の日々☆ [交通安全・マナー]

20199月26日(木・休)午後5時58分発 14.20kmWAVE SONIC 
週休なのですが、前日夕刻から大量の案件が入り、20時までは残業したものの焼け石に水(?)で全く終わりが見えなかったために、朝8時から休日勤務です。
お昼ごろまでには一段落つけて帰宅したかったのですが、その間にもどんどん課題が入り、結局、職場を出たのは16時近くになりました。
ま、修理から戻ってきた「魂すぺⅡ」がいるので、バスの時刻を気にする必要がないのは嬉しいところです。
構内道路から行動に右折で出るときに、不用意にアクセルを踏んでしまって瞬時挙動がふらついた(オーナーでなければ事故!)のはご愛敬でしょう。
AWDなのですが、車体が軽量なので、320psと非力でもアクセルワークには慎重さが求められます(久しぶりなので、つい不用意に踏んでしまった?)。    
DSCN02722.jpg
発進加速は兎も角、区間制限速度を絶対厳守、基本的に常時安全運転です。
停止線まで3m以上の距離がある場合、黄色信号になれば止まります。
黄色信号で突っ込むのは生理的に受け入れられません。気持ち悪い。
生来この車はブレーキが最大の売りなのですが、スキッド音もたてず、信じられないほど短い距離で停止できます。ただし、バックミラーは常時注意。
青信号の場合でも、交差点に進入する場合は心持ち減速し、左右から信号無視車両の侵入がないか軽く視認します。
また、一時停止で1秒未満しか停止しないことはあり得ません。
通行車両にブレーキを踏ませるような進路変更や本道進入はいたしません。
斯様なことで、信号などでは停止車両の先頭になることが非常に多い。
結果、道路進行中は、私の前は大きく車間が空き、たいへん見通しがよろしい。
これも安全運転、遵法運転のメリットと言えます。
るるる.jpg
 ↑
修理から戻った「魂すぺⅡ」 
新車時グリル.jpg中央の六連星エンブレムを囲むグリル内側のチェリーレッド(ストロングパープル系)縁取りアクセントがなくなっています。彩に欠けますが、シンプルになってより精悍!という見方もできます。
  
 ← 新車時の中央部分
                             
2019年9月28日(土)11時59分発 15.39kmUndeArmor Gemini3 
暑の戻り? 9月も終わろうかというこの時期に、何という暑さ!
出発前の室内は30℃そこそこだったのですが、一歩戸外に出ると異常な暑さでした。
百葉箱の発表では33.5℃ですが、公道上は体感38℃。
5分ほどで、もう帰ろうかとさえ思いましたが、取り敢えず30分頑張ってみることにしました。
休み休みではありますが、結果的に2時間強ほど粘ってみましたが、たぶん熱中症の危険度はこの夏一番だったと思います。少なくとも私にとって。
頭はクラクラするし、実体の身体は本当にフラつくし、心臓の鼓動は異常に早くなるし、熱中症で倒れるか、心筋梗塞で倒れるか、真剣に心配しました。
おまけに右膝は痛み出すし。
晩夏・初秋の長閑なお散歩の筈が、意外に過酷な(この夏一危険な)道行(みちゆき)となりました。
結局、右膝は相当致命的状態・・・
 
2019年9月29日(日)17時35分発 11.23kmSortieMagic 
にも関わらず出かけてしまった・・・。
距離を押さえたこともあり、帰着後しばらくは大丈夫な感じだったのですが、時間が経つにつれ、右膝と周辺部のダメージは極大化。
当面の自重が必要と思われます。

コメント(0) 
共通テーマ:自動車

「ひょっこりはん」自転車に想う自動車の傲慢さ。 [交通安全・マナー]

先日、対向車線で停止いていた自転車が車が近づくと突然中央線をはみ出してくる案件があり、自転車に乗っていた人物が暴行罪で逮捕されました。

いわゆる「ひょこりはん自転車」です。

これはこれで危険ではありますが、中央線のはみ出しは1m未満、直接の接触事故につながるとは思えません。
驚いた車が急ブレーキをかけ、後続車が衝突する可能性はありますが、急ブレーキをかけられて追突する後続車の車間距離に問題があるわけです。

氏名までネットに晒す人々があることに、ネット社会の暴走性ならびに自動車の傲慢さを強く感じます。

私はここ十年くらいは自転車に乗りませんので、自転車乗りの状況には疎くなっているかも知りませんが、車は毎日運転していますし(今は大雨故障により暫時休止中ですが)、月に150kmほど歩走する歩行者でもあります。

ドライバー目線で言えば、車が一番怖い。
・赤信号になっても数秒間は止まらないし、一時停止は無視する。
・方向指示器を点けずに進路変更・旋回する。あるいは点灯作動とほぼ同時に進路変更・旋回する。
・走行中やたらに車間距離を詰める。また走行中前車との安全車間距離を空けると強引に割り込む。
自動車は、車速以外は相当無法状態です(完全無法とは言わないが。)。
巨大鉄塊を公の道路で操縦する 資質・能力・自覚 の欠如した無能力無自覚な運転者が溢れすぎていると感じます。
確かに、そういう恐ろしい車我が物顔で傍若無人に横行する公道で、無防備丸裸の自転車がちょっとでも突然対向車線にはみ出すことは自殺行為に近いということは言えます。

いっぽう、ドライバーとしての私は、歩行者と自転車に対してはかなり寛容です。
車を運転するときは、歩行者と自転車は、文字通り「動く赤信号」です。
歩行者と自転車も当然に交通法規は遵守する義務がありますが、仮に彼らが交通法規に違反した交通を行っている場合でも、我々ドライバーは彼らを最大限に優先する義務があります。
歩行者・自転車が交通法規を遵守する義務より、我々ドライバーが彼らの身体:生命と健康を守る義務が遥かに優先するのです。
交通法規を遵守しない歩行者・自転車に安全志向の助言をすることは許されるが、叱責は許されない。恫喝などもってのほか。
圧倒的に凶悪強力な殺人鉄塊を操縦する我々ドライバーは、無力で無防備・丸腰の歩行者・自転車に対して尋常なく限りなく謙虚であらなければなりません。

大雨冠水による愛車故障で3週間からバス通勤していますが、バスの横断歩道注意は徹底しています。
青信号で直進する場合の横断歩道は目視注意程度ですが、交差点で右左折する場合は、眼前に歩行者がいなくても一時停止停止します。
こうすることで、後方から走ってきて横断する歩行者を巻き込む等する事故を防止することができるわけです。
私の場合は、歩行者がいない場合、完全な一時停止はしません。前後に注意を配りながら微速(歩くより遅く)旋回します。
一般の自動車ドライバーにも、見える範囲に歩行者がいないからと言って普通に右左折することは、歩行者・二輪車を事故に巻き込みかねない危険な行為であることを理解してほしいと思います。

9月21日から「秋の全国交通安全運動」が始まります。 と報道されています。
これは、
9月21日
10日間にわたる「秋の全国交通安全運動」が始まります。 が正しいのですが。

20199月19日(木・休)午後3時55分発 17.30kmSORTIEMAGIC 
週休で、午前中は定例の外来受診。
血液検査の結果や最近の病状などからプレドニン服用が1mg減量されることになりました。
診療の待ち時間や診療後は、溜まりにたまったお仕事。
お仕事は、お昼になっても区切りがつかず、バス乗り継ぎで帰宅できたのは午後の良い時間。
それからのお散歩なのです。
SORTIEMAGICとしては最長の距離だったのですが、超スローペースでした。

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

運転マナー [交通安全・マナー]

201959日(木・休)、午後5時06分発、19.35kmLYTERACER RS5 

 

今日は大学病院の受診日です。

朝7時半に順番整理券をもらって(4番目)、8時にその順番で再来受付をして、中央採決室へ行って受付をして(EVを使わずゆっくりと階段で行ったので、2番目)、8時半にその順番で採血をして、それから受診する外来へ行って診察券(磁気カード)と受診票ファイルを提出します。

採血結果が出るのが約1時間後ですので、週休ですが、いったん職場に行って急ぎの仕事をチャチャっと済まして、9時半ごろに戻ってきました。

それでもさらに30分待ちました。

採血の待ち時間とこの待ち時間で、「ピカルディの薔薇」(ちくま文庫)が59頁読めました。

診察の待ち時間が一番の読書タイムです。

 

帰る途中で、院外薬局に寄って(処方箋はFAXで送信済み)薬を購入します。

薬局前の小径から幹線道路に出るときに、なんと2台目の車が入れてくれました。かつてない出来事です。

その後、スーパーマーケットに寄ってサプリメントやら弁当やらバナナ等を調達しました。

スーパーの駐車場から道路にでるときに、なんと1台目の車が入れてくれました。かつてない出来事が続けざまに起きました。

 

昨日は、滋賀県大津市で、丁字路交差点において、強引に右折に打って出た車を、対向の直進車が避けきれず衝突しながら左方向へ避けた結果、園児2名の死者と多くの負傷者を出す

事故がありました。

もしかして、そのこともあって、思いやりのある運転をする人が増えたのかなという気がします。

 


コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ドライブレコーダーが煩い♪ [交通安全・マナー]

2019226日(火)、午後7時5分発、9.46kmFaas400

火曜日なので、仕事から帰還後の夜のお散歩です。
若干、足(左足の踵とアキレス腱)に痛みが出ました。

 

2019228日(木・休)、午後4時0分発、16.34kmM1090
受診のない木曜日なので終日フリーなのですが、足の痛みが気になって、夕方まで部屋を出ませんでした。
ま、休日なのに終日部屋を出ないというのもなんですので、夕方に出かけた次第です。
左足の踵とアキレス腱の違和感は残ります。

 

20192日(土)、午後3時45分発、16.16kmFaas400
前夜の筋トレ(上半身)の影響か、お天気のよい午前中は気怠くテレビや録画を観てダラダラと過ごし、やや元気になって外出する気になった夕方にはどんよりの曇り空になってしまいました。

あげくに、外出して10分くらいでポツリポツリ、20分後には本降りになって、春雨濡れのジョギングウォーキングとなりました。

自分の体(着衣)が濡れるのはまあ良いとして、舗道が濡れて滑りやすくなるので、厄介です。

妙な力の入らない良いフォームになるのでしょうが、足、特に足首周りが疲れます。

 

先日、車の任意保険のバリエーションでドライブレコーダーを取設してもらいました。

車まで案内してキーを渡してお任せしていましたら、5分もしないうちに携帯電話で呼ばれました。

取付はすぐに終わったが、エンジンがかからないので設定ができない、と。

クラッチペダルを踏みこんで、アクセルペダルを踏みましたか? と訊いたら、YES ! と。

おかしいな?と思い、車まで全速ダッシュ。

私がやったら、当然一発でエンジン始動。

念のため、やや深くアクセルを踏んだため、駐車場にEJ20改の雄々しい咆哮が!。

マル改とは言え決して神経質なエンジンではないので、なぜ彼らが始動できなかったのか不思議です。

もしや、クラッチペダルとブレーキペダルを踏み間違えたのでは?(まさか?)

あるいは、ギアをどこかに入れていた(ニュートラルで駐車していますが)とか?

プロに対して失礼なので、原因追及は全くしません。

無事にエンジンがかかって良かった、と。ただそれだけを快活に言う。

で、以後、ドライブレコーダーの取設された車で通勤しております。

朝の出勤は、まだ交通量の少ない時間帯なので直線+直線+直線の幹線道路を移動していますが、退勤時は夕方のラッシュ時なので、狭くて屈曲した、センターラインのない河岸道路を運転します。

当然操舵は右左と目まぐるしく、加速や制動もメリハリのあるものになります。

おまけに「魂すぺⅡ」(巷説、「霊すぺⅡ」とも言われますが、誤りです。)の操舵機は可成りシビアなので、その走行特性の何れもが、保険会社のドライブレコーダーにとっては過激に思えるのかもしれません。

車がふらついています、とか、急ブレーキが多いようです、とか、急ハンドルが多いようです、とか、急加速が多いようですが、とか始終しゃべりかけて来て、運転への集中を妨げてくれて、危なくて仕方ありません。

車と道路状況、路面をよく吟味したうえで、危険運転か否か判断してほしいものです。

事故が起きた時には役に立つ機器なのかもしれませんが、事故そのものは起きやすくなる機器かと思われます。


コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

道路横断中の交通事故 [交通安全・マナー]

201925日(火)、午後6時59分発、7.01kmSKYSENSOR

久々に、「火曜日なので、仕事から帰還後の夜のお散歩」です。

仕事から帰還後と限定しなくて、散歩自体が3週間ぶりです。

左足の踵が痛くて、散歩を自粛し、踵局所衝撃の少ない筋トレに甘んじていたわけです。

それが、2週間かかっても完全には痛みが取れないので、衝撃を避けるだけでなく、積極的に衝撃に突っ込んでみよう(?)と思った次第です。

2週間ぶりだと、踵がどーのこーのという前に、脚と心肺がきついです。

2週間で体は鈍ってしまうのですね。

それと、最大筋力系のトレーニングは、あんまり持久力の低下を押さえてはくれないということを改めて知りました。

 

さて、今は、道路横断中の交通事故のことが気になっています。

横断歩道があろうが無かろうが、信号があろうが無かろうが、明るい日中は、前方を注視していれば余程の高速ランの、物陰からの飛び出しや歩道橋からの転落以外は避けられる筈です。

しかし、街灯の無い、片側二車線以上の道路となると、物陰からの超速飛び出しや歩道橋からの転落以外でも避けられないことがあると思います。

自車の前照灯で人影のないことは常時確認していても、前照灯が横を照らさない至近距離で歩行者が横断を開始した場合、距離が近すぎて法定常速でも避けきれない場合があるでしょう。

或る程度の幅員の幹線道路の場合、30m間隔の街灯設置は必須です。

兆歩譲って、せめて横断歩道至近には街灯を設置すべきでしょう。

 

確か、佐賀県では、1月中に2件の交通死亡事故が発生し、お二人が亡くなられています。
うち一件は道路横断中の死亡事故です。

 

① 1月3日午後4時頃、大和町久留間の県道と市道が交わる信号の無い交差点で、県道を走行中のライトバン右側面に、市道走行中の軽自動車が衝突。ライトバン運転の61歳の男性が頭部打撲で死亡、軽自動車の18歳~19歳の男性4人は無事だったようです。

 

② 1月10日午前9時半頃、久保泉町上和泉の見通しの良い直線の県道で、信号や横断歩道のない地点で道路を横断中の近隣の幼稚園長の87歳女性が若宮方面から川久保方面へ走行中の81歳の男性が運転する軽自動車に撥ねられて死亡しました。

 

① の場合。信号のない交差点では、優先関係に関わらず、自分の安全のために、一時停止 → 一旦停止を励行しましょう。止まれの表示がある場合は、1秒以上の法定(指定)一時停止 ⇒ 完全視認の一旦停止を100%厳守しなければなりません。

 

② の場合。後方や側方への注意も疎かにはできませんが、まずは、進行方向である前方への注意を最優先すべきでしょう。

 

 なお、福岡県では、2月4日午後10時15分頃、福岡市中央区赤坂の国道で、18歳の女性が運転する普通乗用車と51歳男性が運転するタクシーが正面衝突する事故があり、タクシー乗客の56歳の男性(福岡高等検察庁の総務課長)が死亡しています。双方の運転者は軽傷。


ア)亡くなったタクシー乗客はシートベルトをしていなかったとみられている。


イ)乗用車を運転していた女性は「カーナビを確認しようと脇見をしていた」と話している。

 

シートベルトは最後の命綱みたいなもんで、必須ですね。司法関係者がシートベルト装着を怠ってしまったことは不幸なことですが、きっと、えーくろておられたのでしょう。

 

また、飲酒運転と同様、睡眠運転、電話運転、読書運転、食事運転、髭剃運転、激昂運転、TV視聴運転、ゲーム運転、目隠し運転、カーナビ運転も危険です。

ナビゲーションは音声に限ります。

走行中は、速度計、回転計、水温計、油温計、後方鏡等最低限必要な自動車の計器等以外は見るべきではありません、

そもそも、自動運転全盛の今時、画面カーナビなんて原始媒体が残存していたのですね。

法令で規制し、聴覚障害のある方を除き禁止すべきでしょう。

私など、最近はラヂオさえ聴きません。

注意がそっちに行ってしまうのもいけませんし、緊急車両のサイレンも聞こえにくくなります

 

付記 2月2日午後8時40分頃、西与賀町高太郎の片側一車線の直線の県道で、自転車に乗って仕事から帰宅中の64歳の女性が、後ろから来た20歳男性が運転するの軽乗用車に撥ねられ、頭などを強く打ち死亡した。通報者は撥ねた人。

これで、今年の佐賀県内の交通事故による死亡者は3人で、昨年より3人増のハイペースとなり、事故現場はいずれも佐賀市内。

3件とも轢き逃げではありませんが、極度の前方不注意と技量不足でしょうか?


コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

方向指示器の使用法??? [交通安全・マナー]

今日、仕事で、大型のワンボックスカーの助手席に乗りました。

途上、当方、信号が、変わり目でなくずうと「青」のままの交差点に差し掛かりました。

すると、交差する道路の左側から自動車がすーっと出て来て、何事も無く、ぶーんと走り去って行きました。

当方の大型ワンボックスカーは車列の先頭を走っていましたが、交差点の直前という距離での出来事ではなかったため、当方の大型ワンボックスカーはスムースに減速し、停車はせずとも衝突を免れました。

そして、当方の大型ワンボックスカーの運転手は、ポツンとひとこと、「信号無視ですね。」と言いました。

その信号は、普通の車用(汎用)信号で、歩行者用の信号も横断歩道側にある、普通の交差点でした。

赤になった直後数秒の突入とか、青になる前の見切り発車とかいったものではなく、赤の真っただ中の真正の信号無視でありました。

青信号でも左右の安全を確認して進むという自衛措置は必要なのです。


ところで、当方の運転手さん、九州山口の車の、方向指示器の使用率の低さを嘆いていました。

私は、心の中で、「沖縄を舐めるなよ。」と思いました。

しかし、よく観察していると、当方の運転手さん、信号待ちで停止している間は方向指示器を作動させません。

曲がる時に作動させます

そもそものところで、方向指示器は、信号待ちで停止している時は作動させなくてもよいと思っておられるようです。

たぶん、何十年も。

他車への思い遣り、乗員への思い遣りを感じさせる、メリハリはあるものの、穏やかな運転をされる、運転中も温厚な方です。

でも、方向指示器への理解が間違っている。

もしかしたら、運転者の8割くらいはこういう誤解をしているのではないでしょうか?

毎朝の通勤、待ちの長い信号で、左折にせよ、右折にせよ、方向指示器を点滅させている車は、少ない。

(本線から別れて、立体交差する交差点なので、基本的に直進する車は殆どない場所です。国道から分流して交差点にいたり、これを直進してまた同じ国道の同じ方向に合流する車は少ない。)

公安委員会の広報活動が必要なのかも知れません。

コメント(0) 
共通テーマ:自動車

自動車道の逆走車対策☆ [交通安全・マナー]

このところ、ブレーキとアクセルを踏み違えてコンビニなどの店舗や病院などに突入する案件と並んで、高速道路等での逆走が流行しています。

 

ペダルの踏み間違えによる事故は(死者まで出ることは少ない。)「一瞬」の反射動作の錯乱によるものと思われますが、高速道路等の逆走は「長い時間」の錯誤が、原則、対向車との衝突事故(死者が出ることが多い。)まで続きます。

ということは、逆走の場合、早期に気付けば衝突事故を回避することも可能とおもわれます。

 

逆走の運転者に逆走と気付かせるには、やはり文字情報が良いと思います。

具体的には、高輝度で点滅する電子掲示板の逆走表示です。

つまり、順走する車には背面となって見えないが、逆走する車には正対して見える大型電子掲示板(警報看板)を道路サイドor頭上(鳥居状)に掲示してはどうかと。

紺地に赤の点滅光輝文字、一文字「逆」と。

もちろん、点灯するのは逆走車を検知した時のみ。

通常は作動しないので、電気代は余りかからないという訳です。

 

順走車には表示面が背面となって見えないと書きましたが、背面となる順走車側には「注意!」then、切り替わり「逆走車接近中!」と注意を喚起する、というのも、ありかもしれません。

 

2019年117日(木・休)、午後4時35分発、18.89km  (SKYSENSOR   

 

週休で、午前中に、歯医者さんと、買い物と、銀行に行ってまいりました。

 

歯医者さんは1時間ぐらいで終わったのですが、買い物(ソックス、グローブ、サングラス、各種サプリ等)に時間がかかり(ジョギング用のソックスやグローブやサングラスが1000円以上するのは納得できないので)、また、銀行さんは新商品の売り込みに力が入って予定時間を大幅に過ぎてしまいました。

 

サングラスは買えませんでしたが、五本指ソックスと防寒グローブは各600円程度でとても気に入ったものが変えました。

銀行では、出汁入り味噌をいただき、充実した外出となりました。

 

結果、昼食が遅れ、またしても遅い時間のお散歩となりました。

各種有用ランプを所有しているとは言え、暗くなると足元はやっぱり幾分かは見えにくくなり、転倒の危険性が高まります。

私は、プレドニゾロン服用の関係で、ちょっとした外傷で容易に感染し易くなっています。また、エリキュース服用の関係で、いったん出血し始めると止血が極めて困難な体になっています。

ということで、暗くなると、ヘッドランプを煌々と照らしながらも、自分の命を守るため、散歩速度は大変に遅くなります。

 

暗い中で無灯火で凸凹舗道を疾走する健常者には驚敬の念を禁じ得ません。

 

2019年119日(土)、午後2時50分発、18.12km  (LYTERACER RS5   

 

エクセルで遊んでいた、あっという間にお昼過ぎです。

マクロは使ってないのですが、演算式や条件付き書式を弄っていろいろと仕掛けを作るのは楽しくて、時の経つのを忘れてしまいます。

使える有用なデータがあれば、エクセルは相当素晴らしい遊びの時間を提供してくれます。

使える有用なデータがあることは大事です。

そのデータを分析して楽しむためには、データは本物でなければならないし、その分析は何かを教えてくれるものでなければモチベーションは生まれません。

ある真っ当な方法では望んだことができなくても、ちょっと違った考えの演算式を使うとそれが得られたりする。

いくつもやり方がある。

できるだけ簡便なやり方を見つけたい(エクセルを重くするのは避けたい。)。

25年前と同じ感覚。

 

当時は、仕事で。

業務用の大型計算機で扱えない(機能上ではなく、組織の運用:規則上)データを、PCで、エクセルを使って処理し、同等のアウトプットを生み出す作業です。

つまり、当時、常勤社員のデータは、関連企業3社で同じ入れ物に入れて、給与支給等の処理をしていましたが、常勤社員以外:フルタイム非常勤、パートタイム非常勤、アルバイト、期間限定雇用職員、スポット(時間単位)勤務職員、講演講師等々は3社それぞれが独自の原始的素朴システムで処理していましたが、常勤職員への支出件数ほどではないものの、月に1000件は軽く超えていて煩雑でした。

なにより、所得税、地方税、各種社会保険料等諸差引の計算が大変でした。そして、それらは累積計算しておき、年明けには各市町村へ支払報告を行い、各人には源泉徴収票を交付しなければなりません。

ワープロに毛の生えたようなシステムでは、一人ではできない。

ということで、4月頃から、土日はエクセルを用いた人件費計算システム作成の作業に没頭しました。

仕事上の必要性から個人的に切羽詰まって始めた作業ですが、ひと月もすると面白さに嵌ってしまって、余暇の楽しい過ごし方、になってしまいました。

日々の金額計算は比較的単純な計算ですが、データの蓄積と抽出はなかなか難しいものがありました。

12月までの年間蓄積データを自動計算させて、1月には支払報告と源泉徴収票を出力するのですが、個人番号での取り纏めに意外と苦戦したほか、市販の支払報告書・源泉徴収票の紙様式に出力を合わせる設定も意外に意外に大変でした。市販様式を拡大コピーして、セルを方眼紙状にしたものと併せ、セルの結合や拡縮を行って合わせて行きます。

ほぼほぼ合ったところで、エクセルを原寸大に戻し、仮データを使って市販の支払報告書・源泉徴収票に印刷します。

シミュレーションではうまく収まったと見えた印字も、実紙に印刷すると、枠に被ったり、フォントが用紙のオリジナル印字の大きさと違和感があったり、幾つもの微調整が出てきました。

まあ、いろんなことがあったのですが、お陰様で、一年間、土日を楽しく過ごし、年度末には楽々随意に、綺麗な支払報告書・源泉徴収票のほか各種様式を出力することができました。

個別印刷には、マクロを使います(抽出と印刷の自動化。ただし、頭は良くないので、ほとんどのマクロは実行記録式です。)。

ちなみに、かかった経費=試し印刷と、本業務に使用した市販の支払報告書・源泉徴収票代

私費負担となりました。

複写式の用紙(パンチカーボン式)は税務署から無償でもらえるのに、私はPCでの印刷の関係で、一枚に支払報告書・源泉徴収票が印刷され、それを切り離すものだったので、無駄遣いと評価されたものです。ただし、2年目からは経費で買えるようになりました。

 

昔は、エクセルで、しかも仕事用で、マクロも使いながら、楽しく暮らしていたことを思い出した次第です。

エクエルもあんまり変わっていない


コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

今冬初の解氷剤を購入す! [交通安全・マナー]

2018年1223日(日)は、店が混まない午前中に自動車用品店に行ってきました。

まず、タイヤの空気入れを見ましたが、安いもので1万円弱、高いものは2万円くらいするので、ネット通販で6000円弱のものを購入しようと思います。 

次にヘッドランプ類を見ましたが、PIAA製のものが光軸のずれ等の不具合が少なそうな「雰囲気」でした。これは、M2 COMPETITION 購入で良いのです。

 

そして、今日の主目的の解氷剤を見ました。

買ったのは、あらかじめネットで調べ、評判の良かった二品。

解氷剤20181223.jpg

 

KURE アイスオフ 2155

  420ml 322(税込)

 

② タケハラ

  F-45 NEW解氷スプレー

  330ml 376(税込)

 

 二品とも高くない。

 特に、ICE OFFなど、Amzon価格よりだいぶん安くなっています。よい買い物をしました。

しかも、ポイント利用で支払ゼロ。

 

 12/19(水)に、車のウインドウがガチガチに氷結していて、融かすのに往生しました。

 

 外気温3℃でそうだから、今週の冷え込み(12/28は氷点下)は大変なことになりそうです。

 

 転ばぬ先の杖で、きょうのうちに解氷剤を購入したものです(ま、既に転んでいますが。)。

 

 昨冬は微温湯をかけて融かしていましたが、急激な温度変化はガラスに悪いのと、拭き残しがあると再氷結するのでやめました。 

 

20181223日(日)、午後450分発、12.67kmGemini3 

 

朝から雨模様でありまして、強くは降っていないが一向にやまない。 

きょうは、男女高校駅伝や、取り置きの録画「出川哲朗の充電させてもらえませんか?」などを観て連休の中日らしくゆつら~っと過ごそうと思っておりました。 

そしたら、午後4時ごろになると、雨があがったような塩梅になりました。空は暗いものの。 

それで、しぶしぶと、お散歩に出かけることにいたしました。

 

確かに雨は止んでいましたが、路面は濡れて滑り易くなっています。 

いくらGemini3とは言え万全ではありませんので、慎重な足運びと荷重移動が要求されます。 

で、南下している時は全然気が付かなかったのですが、方向転換して北東に向かうと強烈な逆風を感じました。 

前へ進まないのはいいのですが、強風が汗を冷やし、寒い。

 

風自体も冷たい。 

寒くないと思ってシャツ一枚で出かけたものだから、異常に寒い。 

走っている時はまだいいのですが、信号待ちなどで一定時間止まっていると、熾烈に寒い。

風邪をひいてしまっては元も子もない(長期間外出自粛など)ので早めに切り上げることにしました。 

ヒートテックでも1枚、シャツの下に着込んでおけばよかったと軽く後悔しました。


コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

冬の雨散歩もまた愉し♪ [交通安全・マナー]

2018年1218日(火)、午後6時50分発、12.35km (ライトレーサー昔

火曜日なので、仕事から帰還後の夜のお散歩です。

天気予報では、昼間に吹き続き今夜も晴れの筈だったのですが、帰宅途中にコンビニに寄って店を出た時には雨が降り出していました。

帰宅しても、雨。

しかし、火曜日なのでしようがない。

雨を承知で出かけたという訳です。

 

雨の夜のジョギングは危険がいっぱい。

舗道がヌルヌル滑り易い。

ライトがギラギラ水反射。

路面が黒いのが水たまりなのか穴ぼこなのかわからない(だから、止まるか、よけるか。とても鬱陶しく面倒臭いのです。)。

ただ、覚悟して履いた古いライトレーサーが、意外に滑らない、寛平Cより各段にグリップする。

 

途中、ひどい運転の車には何台も遭遇しましたが、事故無く帰宅することができました。

今夜の悪質ワースト運転は、双方向から車が来ていないので横断歩道を渡っていたら、すぐそばのわき道から突然出てきた車が、ライトを上向きにして、猛然と私に向けて爆音加速してきたこと。

殺意があったのではなく、単に、邪魔者を蹴散らす威嚇運転(死にたくなかったら避けろ!)に過ぎなかったとは思いますが、腕の無いドライバーは割と簡単に人を殺すので、要注意です。

なんとか避けることができました。

 

今夜は、割に、横断歩道で停まってくれる車が多かったのは、意外でした。

停まって待ってもらったり、道を譲ってもらうと、元気が出るものです(それは、車を運転している時よりもいっそう顕著です。)。

 

2018年1219日(水)、午後7時18分発、10.23km (M1090

水曜日なので、仕事から帰還後の夜のお散歩です。

 

今夜は雨も降らず、気温も昨夜より高くて、夜のお散歩にはうってつけの夜でありました。

ただ、ちょっと出かけるのが遅れたので、短めのお散歩となりました。

歩行照明灯と背嚢の使い勝手を確認しただけのような。

 

ところで、時間は遡りますが、仕事からの帰途、ある横断歩道で、そこに人がいたのにも関わらず、停止することができませんでした。

人に気付いたのがせめて横断歩道の5m手前であれば停止したのですが(通常は停止しているのです。)、この時は、歩道に並木があり、かつ、夜間で照明もなかったため、自車が横断歩道を通過する時に初めて人の姿を確認することができました。

照明の無い夜の途は、横断歩道の手前20mあたりから一律自主的に5km/h程度で徐行するようにこころがければ対応できるのかもしれませんが、他車との軋轢が生じかねません。

願わくば、横断歩道には街灯をセットで設置していただき、あわせて、街路樹の植樹を控えてほしい 

 

2018年1220日(木・休)、午後3時45分発、16.07km  (Faas400   

730分には、大学病院フロントで整理券を取り、8時から自動再来機で受け付け、8時半から中央採血室で採血、その分析結果を待ち10時から診察という、月一回のルーティン。

 

11時からの某地方銀行(メインバンクの佐銀ではない)の提案の説明を受けるために、10時40分に当地に着き、10時50分まで待って、担当者を呼出し。

でも、当人が休暇。

え? 来い、と言った当人が休暇?

と思ったが、全く腹は立たない。

拠(よんどころ)無い事情があったのでしょう。

自分から持ち掛けた話でもなく、提案があるから来てくださいと言われていただけなので、時間取られなくてラッキー!とばかり、喜んで帰ろうとしていると、上司という人(課長さん)出て来て丁重に謝罪されました。

こちらとしては、別に気にしていないので、忙しいのにわざわざ上司が誤りに出て来られたことに恐縮。

というより、あとで担当者が怒られるのではないかと心配になってきました。

それでまあ、折角出て来ていただいたので、私の前職と当行に関連性のある世間話などをちょこっとして、今日のことなんて全然きにしていない、全く問題が無いというイメージを濃厚に残して、にこやかに立ち去った次第です。

 

そのように(?)、お昼頃までは雨は降っておりませんでした。

帰宅して、昼食を摂って、休憩して、そろ~っと散歩に出かけたら、もう雨が降っていた。

しかも、かなり本降りだった。

本当なら早々に切り上げるべきところですが、濡れちまった以上、このままでは帰れないとばかり、12月中旬の雨中ジョグを楽しみました。

九州とは言え北部、かつて知った沖縄南部ほどの暖かさはありませんでした。

雨中戦の多い12月です。


コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

超高輝度ヘッドライトの装備は必要か? [交通安全・マナー]

20181123日(金・祝)、午後357分発、11.08km   (M1090

朝から、腰や膝周りが痛くて、(折角の)勤労感謝の日を、録画しておいた「出川哲朗の充電させてもらえませんか?スペシャル 知床から能取湖篇」を観るなどしてまったりと過ごしておりましたが、何杯も飲んだハワイコナ(香りしか楽しめない、味は薄い塩湯のようですが)のおかげか、夕方には痛みも薄れたように思えてきましたので、ちょっとだけよと、お散歩に出かけたものでありました。

装束はシャツ1枚ですが、念のため、背なのリュックにはヒートテックのシャツを忍ばせていましたが、思ったほど寒くはなくため、着ることはありませんでした。

帰還する頃には暗くなって、持参のキャップライトとチェストライトを装着して点灯したのですが、車の眩しいヘッドライトには敵いません。

特に、最近のLEDヘッドライトは眩しい光が拡散し、視界が奪われ危険極まりありません。

こちらも眩しい光を浴びせ返して反撃したいのですが、いかんせん、相手は1,000,000ルーメン、こちらは40ルーメン+100ルーメンでお話になりません。

自動車の場合、下向きでも、時速50kmで走行する状況で50m先までははっきり視認するようになっていますが(現実には500m先まで照らす車が多い。光軸もおかしいし、照度もおかしい。)、ジョギングライトの場合、自身の存在を他に知らしめることが機械目的になっているので、仕方のないことです。

headlight01.JPG

 

 

ここは、思い切って、作業用ヘッドランプを購入するしかないかもしれません。

 

 

 

キャップライトと比べると少し重いかもしれませんが、10,000ルーメンを目途に考えてみる価値がありそうです。

 

headlight02.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20181124日(土)、午後355分発、15.06km  (LYTERACER RS5

 

朝は6時に、右脹脛が激しく攣(つ)って目が覚めました。

数分絶って攣りが収まったも、筋肉の痛みが残っていて、攣りというより肉離れに近い感じかと思います。

夢を見ていて、なんかで着地し、着地で右足に力を入れた瞬間に、現実界では脹脛が攣って(肉離れして)激しい痛みに襲われたものです。

攣ったにしても肉離れしたにしても、しこりと痛みが残っており、また、何らか疲労が蓄積している可能性が強く、本日のお散歩は取り止めたほうがよいかと思いました。

で、録画しておいた「出川哲朗の充電させてもらえませんか? 軽井沢篇」を観るなどしてまったりと過ごしておりましたが、午後には脹脛の痛みも薄れたように思えてきましたので、ちょっとだけよと、お散歩に出かけたものでありました。

連日こんな感じですな(笑)。

出かけてみると、矢張り右脹脛には張り・違和感があり、左膝も外側に痛みがありましたので、脚運びと力の入れ具合には常に注意を払ったお散歩となりました。

お陰様で、現状以上には悪化することなく帰還することができました。


コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

選ぶなら、M2 COMPETITION か?SILD LX4W-L か?  [交通安全・マナー]

2018年1120日(火)、午後7時2分発、9.78kmライトレーサー昔

火曜日なので、仕事から帰還後の夜のお散歩です。

寒いと思って、薄手の手袋をしてヒートテックのシャツを着込んで出かけましたが、風はあったものの、寒さは感じませんでした。

 

2018年1122日(木・休)、午後4時5分発、15.95kmFaas400

大学病院で受診、院外薬局でお薬を受け取り、マルキョウでアミノ酸サプリ(出勤日の昼食用)8日分と、粉引き珈琲のハワイコナをタウンでスリッパを2足買って、セルフ給油して、機械洗車してお昼前には帰宅しました。

その割に散歩に出かけるのが遅い。

そして、この頃は暗くなるのが早い。

暗くなると、転倒による出血が怖い(エリキュース多量服用)ので、もっと早く出かけたほうがよいのですが、いったん落ち着くと、特にテレビに観入ったりネットニュースを見まわったりしたわけでもないのに、何となくダラダラ時間を浪費してしまうのです。

というわけで、けっこう足元に注意を払いながらのお散歩となり、距離の割に時間がかかり、脚も疲れてしまいました。

まあ今夜も「段差に見えない段差」につまずくことがあっても体勢を立て直し、なんとか転ばずに帰還いたした次第です。

 

ところで、ヤフーニュースの広告(閲覧者の嗜好・指向に応じた個別特化広告)に、電気自動車が出ていました。

雨の日以外だったら、なかなかいい感じです。

いや、雨の日は外出しないといいのです。

エコカーと言うんだったら、これ、ていう感じ。

お値段もリーズナブルで好感が持てます。メーカーの誠意を感じます。


電動ミニカー01.JPG








  電動ミニカー SILD LX4W-L  
       
               ミニカー(普通免許で運転可)  
               48V-500W(最高出力:600W)  
                  SILD-LX4W-L (EVM21-01)  
                     1450mm  
                     620mm  
                     1100mm  
               860mm  
   タ イ ヤ サ イ ズ  90/70-10(F) 3.00-10(R)   
               100kg  
               78kg  
               20km/h  
   一充電 走行距離  45km ※1  
         形 式  後輪差動装置付きセンターモーター  
     圧 /     48V/24Ah×1個  
         形 式  約700回(5年~6年) ※2  
              約4~6時間 ※3  
              センターデフドライブ式  
              前後輪:ドラム式+アクセル連動電磁制動装置  
       
  ※1 平坦路無風時、乗員体重60kgにおける15km/hでの定置走行による。  
  ※2 使用状況により、前後致します。  
  ※3 再充電時間(バッテリー保護のためコントローラ設定電圧より電圧低下すると走行制限します。)
       
   価 格  258,000円 (税込)   
    自動車税   年3,700円(当たり前だが、消費税がかからない。)  
    車検、重量税、取得税、車庫証明  不要  
    自賠責保険   1年:7,500円、2年:9,950円 ~ 5年:16,990円 逓減  
       
  引用元HP : https://item.rakuten.co.jp/ev-cyunichikoeki/evm21-01/  

 

 

なかなか魅力的な外観、スペック、価格です。

10年後になるか(とっくに死んでいるが)20年後になるか(輪廻回生後、小学生になっている?)わかりませんが、車を買い替える場合の候補車として、M2 COMPETITION の強力な対抗馬になりそうです。

特性は全く違うので、私が何を重視して車を選ぶか、ということになります。


コメント(0) 
共通テーマ:自動車

運転免許の更新完了! [交通安全・マナー]

平成30年10月15日(月)、仕事から帰宅し携帯電話の着信を確認したら、朝から、着信3回、メッセージセンターへのメッセージ登録が2件ありました。

 

仕事場では携帯電話を着用せず、また常時マナーモードなので、帰宅後でないと着信はわからないのです。これでは固定電話と変わりません。

メッセージを再生してみると、県運転免許センターからで、「診断書を受け取った。説明があるので電話した。また電話する。」との内容でした。

診断書とは、先週金曜日に速達簡易書留で県警本部あてに発送した「(脳梗塞の)病後運転に関する診断書」の事です。 

 

こちらから電話しようかなと思いましたが、もう19時近いので明日にするかと思っていたら、まだメッセージの再生が終わらないうちに、固定電話が鳴りました。左手に携帯電話を持ちながら、右手で固定電話の受話器を取って出てみると、運転免許センターからでした。

再生中のメッセージは女性ですが、固定電話にかかって来たのは男性の声です。皆さんにお手数をお掛けしております。

 

さて、電話の内容は、「自動車運転への脳梗塞の影響に関する医師の診断書が届き、センターの専門家・担当者で協議・検討した結果、条件なしで運転免許の更新を有効とすることになった。今後、運転にあたっては医師の指示に従い、慎重に行ってほしい。」とのこと。

わざわざ何度も即日電話をいただき、恐縮です。何度も不在(電話に出ない)でお手数をおかけしたことのお詫びと、極めて親切で行き届いた対応に謝意を述べるとともに、今後のいっそう慎重な安全運転をお誓い申し上げました。

 

県によっては、脳梗塞発症即、病院から県警に連絡が行き、直ちに免許取り消しになるところもあるようですが、当県の場合、重度でなければ免許更新時の親告まで診断書の提出と適性検査の受検が猶予されるようです(結果論ですが。)。

 

「一定の病気に係る免許の可否等の運用基準」というものがあって、その中の「8 脳卒中(脳梗塞、脳出血、くも膜下出血、一過性脳虚血発作等)(令第33条の2 の3第3項第3号関係)」において、脳梗塞発症の場合の免許取消について記述があります。

 

私の場合、医師診断時に、運動機能まで含めた検査が行われ、診断書に詳述されていたこと、またこの前の運転免許センターでの医療担当官とのやり取りで、改めて「臨時適性検査」を受ける必要なし、と判断されたようです。

 

事実、医師からは、検査結果は満点で、一般(当該病歴の無い)の同年齢者と比べて優れているとの評価をいただきました。

 

日々、外出の前には風浪宮のお札に手を合わせて二礼二拍手一礼する際には、感謝と併せて安全と健康の決意を念じております。

 

ゆとりある運転で、早着やパンクチュアルを守りつつ、安全と思い遣りを優先できるよう、1時間早めに出勤しています(かなり早く出勤することになります)。

黄色信号では絶対に突っ込みませんし、歩行者信号の点滅を見て黄色を予測して速度を加減しますので、急停止もありません。

横断歩道のない場所で横断を待つ自転車や歩行者があれば停止して、対向の車も停まってくれるまで待ちますし、側道等からの車にはできるだけ速度を加減して円滑な合流等を意識しています(車に関しては必ずしも100%停止するわけではありません。)。

 

今後とも、自身の安全運転に万全を期すとともに、安全運転のデモ車(?)として、周囲に対して愚直なまでに安全運転をアピールすることで、世の法令遵守意識と交通マナーの向上に少しでも貢献できれば幸いです。

 

と言いつつ、無自覚な終始ノロノロ運転で周囲に無意味な迷惑をかけて苛立させ事故を誘発させることのないよう、状況に応じたメリハリのある運転は心がけています。
ですので、速度だけは交通状況に注意しながらそれなりに少しだけ出すことはあります。
また、発進加速も、0-100km/h 4秒そこそこの片鱗を・・・。

 

 

 

道路交通法施行令

 

 

(免許の拒否又は保留の事由となる病気等)

 

第三三条の二の三 法第九十条第一項第一号イの政令で定める精神病は、統合失調症(自動車等の安全な運転に必要な認知、予測、判断又は操作のいずれかに係る能力を欠くこととなるおそれがある症状を呈しないものを除く。)とする。

 

《追加》平14024

 

《改正》平18010

 

 

 

2 法第九十条第一項第一号ロの政令で定める病気は、次に掲げるとおりとする。

 

一 てんかん(発作が再発するおそれがないもの、発作が再発しても意識障害及び運動障害がもたらされないもの並びに発作が睡眠中に限り再発するものを除く。)

 

二 再発性の失神(脳全体の虚血により一過性の意識障害をもたらす病気であつて、発作が再発するおそれがあるものをいう。)

 

三 無自覚性の低血糖症(人為的に血糖を調節することができるものを除く。)

 

《追加》平14024

 

 

 

3 法第九十条第一項第一号ハの政令で定める病気は、次に掲げるとおりとする。

 

一 そううつ病(そう病及びうつ病を含み、自動車等の安全な運転に必要な認知、予測、判断又は操作のいずれかに係る能力を欠くこととなるおそれがある症状を呈しないものを除く。)

 

二 重度の眠気の症状を呈する睡眠障害

 

三 前二号に掲げるもののほか、自動車等の安全な運転に必要な認知、予測、判断又は操作のいずれかに係る能力を欠くこととなるおそれがある症状を呈する病気

 

《追加》平14024

 

 

 

4 法第九十条第一項第五号の政令で定める行為は、次に掲げるとおりとする。

 

一 法第百十七条の二第一号又は第三号の罪に当たる行為(自動車等の運転に関し行われたものに限る。)

 

二 法第百十七条の罪に当たる行為(自動車等の運転に関し行われたものに限る。)

 

三 別表第二の一の表に定める点数が六点以上である一般違反行為

 

 

一定の病気に係る免許の可否等の運用基準


8 脳卒中(脳梗塞、脳出血、くも膜下出血、一過性脳虚血発作等)(令第33条の2 の3第3項第3号関係)
 (1) 慢性化した症状 見当識障害、記憶障害、判断障害、注意障害等は「認知症」、運動障害(麻

痺)、視覚障害(視力障害等)及び聴覚障害については「身体の障害」に係る規 定等に従うこととする。
 (2) 発作により生ずるおそれがある症状
   ア 脳梗塞等の発作により次の障害のいずれかが繰り返し生じている場合につい ては、拒否又は取消しとする。
    (ア) 意識障害、見当識障害、記憶障害、判断障害、注意障害等(認知症に相当 する程度の障害に限る。)
    (イ) 運動障害(免許の取消事由に相当する程度の障害に限る。)
    (ウ) 視覚障害等(免許の取消事由に相当する程度の障害に限る。)
   イ アを除き、過去に脳梗塞等の発作でアに掲げる障害のいずれかが生じたこと がある場合については、以下のとおりとする。
    (ア) 医師が「「発作のおそれの観点から、運転を控えるべきとはいえない」 (以下8において「免許取得可能」という。)とまではいえない」旨の診断 を行った場合には拒否又は取消しとする。
    (イ) 以下のいずれかの場合には6月の保留又は停止とする。(医師の診断を踏 まえて、6月より短期間の保留・停止期間で足りると認められる場合には、 当該期間を保留・停止期間として設定する。)
      a 医師が「6月以内に、免許取得可能と診断できることが見込まれる」旨 の診断を行った場合
      b 医師が「6月以内に、今後x年程度であれば、免許取得可能と診断でき ることが見込まれる」旨の診断を行った場合 上記a及びbの場合には、保留・停止期間中に適性検査の受検又は診断 書の提出の命令を発出し、 ① 適性検査結果又は診断結果が上記ア及びイ(ア)の内容である場合 には拒否又は取消しとする。 ② 以下のいずれかの場合にはさらに6月の保留又は停止とする。 (医師の診断を踏まえて、6月より短期間の保留・停止期間で足り ると認められる場合には、当該期間を保留・停止期間として設定す る。) ⅰ 「結果的にいまだ免許取得可能と診断することはできないが、 それは期間中に○○といった特殊な事情があったためで、さらに 6月以内に免許取得可能と診断できることが見込まれる」旨の内 容である場合
              ⅱ 「結果的にいまだ、今後x年程度であれば免許取得可能と診断 することはできないが、それは期間中に○○といった特殊な事情 があったためで、さらに6月以内に、今後x年程度であれば免許 取得可能と診断できることが見込まれる」旨の内容である場合 ③ その他の場合には拒否等は行わない。
     (ウ) その他の場合には拒否等は行わない。 (エ) 「今後x年程度であれば、免許取得可能」旨の診断を行った場合(上記イ
(ウ)に該当)については、一定期間(x年)後に臨時適性検査を行うことと する。
   (3) 本基準については、脳動脈瘤破裂、脳腫瘍等についても準用する


コメント(0) 
共通テーマ:自動車

自衛交通、防御交通♪ [交通安全・マナー]

わき見運転、飲酒後運転、読書運転、居眠り運転、食事運転、電話運転、技量欠如運転、麻薬運転、ゲーム運転や、加齢性昏妄、粗暴性格、情緒不安定などから、信号無視(3秒ルール~完全無視)や前方不視、運転操作ミス、前進後退錯誤、制動加速錯誤、あおり行為が横行しており、交差点内での事故、中央線を越えた事故、停止車輛への追突事故、店舗突入事故、歩道突進事故などが頻発しています。

自分が万全の注意を払って安全運転しているつもりでも、もらい事故や巻き込まれ事故も多発しています。

私たちとしては、自分の運転に気を付けているだけでは万全と言えないわけです。

自分の運転に万全を期すことは最低限のことで、加えて、歩行者、自転車、佇み者まで含めた周囲の交通状況にも常時注意を払っておく必要があります。


青信号で交差点に進入し右折待ちをする場合(右折のみ可→の無い交差点)、赤信号に変わった時点でまだ交差点内にいることは容認されます。赤信号になり対向車が信号停止した時点で右折すればよいのです。

しかし、ほとんどの対向車は赤信号では止まりません。対向車が止まった時点では、交差する車線は青になっており車が動き始めます。右左をよく見て慎重に右折脱出しないと特に左からの直進車と衝突する可能性がありますので、適切な状況判断が必要です。


青信号に変わったばかりの交差点に進入する場合、交差する車線の車で右折できず残った車が右折する場合があるので、一呼吸待って右折させてあげましょう。さらに、赤信号になってから不法に突入する車も多いので、左右を確認してから発進しましょう。横断歩道の歩行者、自転車には十分注意しましょう。


青信号になってからも、交差点は注意が必要です。稀ですが、赤信号になって暫く経った状態で突入する車もあるので、交差点を通過する前にはほんの少し速度を緩めて左右を視認することはやったほうが良いでしょう。


交差点や単個の横断歩道で停止している時は、バックミラーで後方を注意して視認することも必要です。後方から追突を避けるための回避法(左右・前方の安全可動余地)も常に考えておくことが重要です。左右に避けた場合、歩道の歩行者はどうなのか、対向車線の車はいるのか、など。


対向車の挙動も近づく前からできる限り注意し、中央線をはみ出してきた場合どう避けるか考えておくことも必要でしょう。正面衝突するよりは田んぼに突っ込んだほうが良いが、がけ下転落はどうか、この高さの場合、どっちが衝撃が少ないか。


商店、コンビニでは、運転席に人がいる場合、極力車の前後を歩くのは避けましょう。コンビニ店内では、屋外に近い場所の滞留は最小限とし、駐車した車の延長線上にいないようにしましょう。


見通しの悪い信号の無い交差点や三叉路では、大通りを直進する場合を除き、自分側に一時停止義務が無い場合でも一旦停止後に微速前進、さらに一時停止し、安全確認を徹底しましょう。交差する道路側に一時停止義務があっても守らない車がほとんどだからです。安全のため、優先道路でも停まりましょう。

自分側に停止線がある場合は当然二度停まりです。停止線では一秒以上停まりましょう。


これはよく注意喚起されていますが、交差点を左折する場合、(左)後ろからの歩行者、自転車は見えにくいので、特に、速度の速い自転車の巻き込みにはバックミラーをよく見る等の最新の注意が必要です。
自分が歩行者の時は、死にたくないので、車が曲がり切って通過するまで待ちます。一信号くらい待つ覚悟です。


いずれにしても、人を殺傷する、自分が死んだり怪我したりする危険を冒してまで急ぐ必要があるのか、常に考えおき、余裕を持って移動することが重要です。


補足すれば、歩行者、ジョガー、自転車としては、駐車場や側道から左折で本線に出ようとしている車は特段の注意が必要です。
100台中99台は自分が出る車線(手前側の車線)を来る車のほう、つまり右側は見ていますが、手前の車線を車が来るはずの無い、自車の進行方向である左側は見ません。
自分が止まらなければ轢かれますので、絶対に停まりましょう。
たぶん、その車はなかなか出られないので、その車の後ろ側を注意して通りましょう。

コメント(0) 
共通テーマ:自動車

運転免許更新条件の診断書♪ [交通安全・マナー]

2018年10月11日(木・休)、午前11時58分発、15.72km  (LYTERACER RS 5

一日中曇っていて涼しい日でした。

だいぶん長い間お散歩をお休みしていて、治ったつもりだったのですが、出かけてしばらくすると、やはり、アキレス腱やら膝部が痛い。

膝の靭帯に関しては、決して休んではいなかった脚筋トレがまずかったような気がします。

また、アキレス腱に関しては、簡単には治らないということでしょうか。


2018年10月12日(金)午後、1時間の有給休暇を取り、先週金曜日に予約が取れていた診察・検査・診断を受けてきました。※昨年末脳梗塞を発症しており、免許更新の問診票(アンケート)に申告記載したところ、更新には医師の診断書(運転可能保証)が必要として、所定の用紙をいただいていました。

中央ロビーで再診受付を行い、当該科での受付では県警(県運転免許センター)からいただいていた診断書様式と診断基準のペーパーをお渡ししておきました。

受診時、病状の近況と免許更新時の経緯を説明しました。

お話の具合から、こういう形での診断書作成依頼は、発症者数からすれば極めて稀有、私はとんでもない馬鹿正直者のようだと推察しました。

免許更新の必要条件としての診断書作成ということで、主治医も気合がはいるわ背筋を正すわ(平常からそうではありますが、つまり、なあなあの馴れ合いは絶対しないという専門医の気概と責任感をひしひしと感じました。)。

「運転可」の診断書を書いておいて、直ぐに被検者が事故を起こしてしまったら、主治医の責任も問われかねません。
国立大学医学部附属病院の常勤(承継職員)医師としての権威、プライドもあります。

検査は緊迫感に満ち満ちたもので、熾烈を極めました。

内容は秘しますが、知力と運動能力とバランス感覚が徹底的に試されます。

検査後、主治医からは、健常者も含め、満点」は極めて稀有なケースですとの評価をいただきました。

県警の「診断基準」が如何に厳しくとも、「運転に適さない」と診断するには不可能な結果となりました。

どのくらい不適切項目があったら「運転不可」~(数段階)~「条件付きう

ただ、如何にパーフェクトな検査結果が得られ、「運転可」の診断が出たとしても、私が交通違反したり交通事故を起こしてしまうと、主治医の診断責任が問われかねないので、私としてもその責任を含め、自動車運転にはいっそうの注意が必要です。

もっとも、この診断書(書かれた内容は厳封されているのでわかりませんが)により無条件に免許更新が認められるわけではなく、診断書を踏まえて更新条件が提示されることもあるとのこと。

市の中央郵便局から簡易書留の速達で発送(依頼)しました。

持参するよりこのほうが先方の受領確認が残るからです(持参した場合、手渡しできたとしても受領確認印が取れない。)。

ま、これで免許更新が却下されたり条件が付くとしたら、大半の人々が免許更新できないと思います。


これ、全員に必須にすれば交通事故は有意に減らせると思います。

コメント(0) 
共通テーマ:自動車

運転免許更新!・・・? [交通安全・マナー]

誕生日の一か月以内の期間に突入(?)しており、今日の週休を利用して、運転免許の更新手続きに行ってまいりました。

場所は、久保泉町の県運転免許センターです。

迂闊にも(午前中はお天気が持つだろうと思って、とかの意識的行為ではなく、あくまで迂闊にも)傘の持参を忘れ、運転免許センターに駐車してから隣のコンビニでビニール傘を購入しました。

ま、ビニール傘を買わなくちゃ、と思っていたので、丁度良い機会ではありました。

窓口業務開始が8:15なので、30分ほど、徒然と待ちました。

問診表に、病歴あり、を記入したら、別室に呼ばれ、暫く待った後係官(医療専門官)の方から詳しく尋問されました。

肺血栓塞栓症、クロンクカイトカナダ症候群、多発性脳梗塞、等々(呼吸器系、泌尿器系)。

特に、運転機能に影響しそうなクロンクカイトカナダ症候群、多発性脳梗塞について詳しく聞かれました。

医療専門官の方と交通警察官と協議の結果、3か月以内にセンター所定の医師診断書を提出することとなりました。

診断結果次第では今後も自動車運転が可能です。

そして、本日は、通常の免許更新と同じ手続きを行っていただくということで、視力検査を受け、写真を撮影していただき、講習を受け、取り敢えず運転免許証の交付をうけました。

講習に関しては、優良運転者とは言え、たかだか、30分の講習とはいかがなものか?と、その効用について疑問を持っていました。

つまり、優良運転者といっても、決して心構え・マナーが優良で、運転技能が優秀で、かつ一度も交通違反を犯していない、ということではなく、たまたま5年間無事故で違反摘発を受けていないだけで、交通法規違反や交通マナー違反を犯していないだけの人も多いはず。

優良運転者でも、更新時にはみっちりと違反者と同様の長時間講習を受けさせてほしい、と。

だいたいが、同額の費用を払っているのだから、同じ規模の講習を受けさせないのは不公平だ、と。

しかし、講習を受けてみると、なかなか中身の濃い講習で、これでもいいかも♪ と思ってしまいました。

まず

 適正な車間距離の保持・・・40km/hで30m以上

 適切な合図履行の厳守・・・3秒以上前、30m以上手前

3 ゆとりを持った運転・・・3分以上早目の出発


さらに
  
思い遣り運転  入れてやろうよ、本線へ。待ってやろうよ、右折車を。

 車間距離が詰まっていると、側道や駐車場から本線に入れない。

 早く終発してゆとりある気持ちが無いから、直進中、速度をゆるめて右折車を曲がらせる気持ちも持てない。

 また、佐賀県の合図不履行は最低レベルらしい。曲がっている途中に合図するくらいなら(意味が無い)遵法に合図しよう。

 九州、山口、沖縄各県を転々とした私の経験でも、山口のマナーが最良、佐賀のマナーが最悪。

 通勤路で、最後の右折箇所。(基本は、右左折用立体交差点。直進もできる。)では待ち時間が長く余裕があるので、周りの車を観察すると、事前合図率10%程度。事前に方向指示器を点滅させているのは私だけだったりすることも多いのです。

 佐賀県で、事前に適法合図を履行している車をみると嬉しくなるほど、稀。

 社内道路など、安心感があるのか、曲がっている途中さえウィンカーを点けない車もあります(社員)。

あと、「あおり運転」厳禁!の話や、佐賀県の交通事故率 最高! 交通マナー 最低!のお話もありました。

その中で、長年ダントツで日本一を誇っていた「人口10万人あたりの交通事故発生件数」を、極めて僅差ながら静岡県に奪われてしまったというショッキングな話もありました。

それでも、最下位の鳥取県の5倍の発生件数なので、立派なものです。

島根、鳥取、岩手などといった県が200人を割っているのに、800人を超えている佐賀、静岡は大したものです。

佐賀県民は他県での発生率も全国2位らしいので、交通事情ではなくて県民性に負うところが大きいようです。

私の見るところ、佐賀県民の運転は兇悪粗暴、というより、無注意、無意識、自己中心、注意散漫、甘えといったところが大きいような感じです。

側道や駐車場から本道に「左折」で出る場合、右は見るが、(手前車線を自動車が来ない)左は見ない。結果、左から来た歩行者や自転車を撥ねる車が多い。

だいたい日本中がそうだと思いますが、佐賀県は信号無視が割と強烈で、かつ頻度が高い。

黄色信号はおろか、赤信号でも突っ込む。

赤信号になっても3秒は大丈夫という、所謂「3秒ルール」(正常な意味と全く違う。)。

また、黄色信号は、それで停止線に安全に停止できない場合はやむなく交差点等に進入し退出することが許容されるが、本来的は黄色信号でも停まるべきもの。「黄色信号は加速の合図」ではない。

私は、黄色信号で突っ込むことはほとんどない。黄色を確認してからゆっくりブレーキを踏めば安全に停まれます。これで追突する車は車間距離不保持もありますが、前方不注意の割合が大きいと思われます。

黄色信号で絶対停まる!を履行しても、急ブレーキは不要です。至近に追尾する後続車があっても、前車の減速・停止をみてブレーキを踏んでも間に合います。

それでも追突する車は、前方不注意+速度大超過。ま、信号待ち停止中に追突されたこともあるので、追突のほとんどは速度に関係なく前方不注意と思われます。


あと、気の付いたことを幾つか挙げますと

1 私の後ろには車が来ていないのに、側道等から無理してギリギリ私の前に入り込んでブレーキを踏ませ、あとはゆっくりと微速前進。たぶん、悪意は無い。頭は弱い。

2 昨日のことですが、会社の中から一緒に来ている後続車ですが、私が横断報道に歩行者がいたので普通に停車したら急ブレーキを踏まれました。車間距離は適正だったので、私が停止しても暫く無反応だったようです。

横断歩道で停止したのに腹を立てておられたように見受けられ、その後、経路を分かつまでちょこっとあおられました。

基本的に、横断歩道に横断待機態の歩行者がいた場合、後続に異常接近車や高速接近中の車が無い(つまり、追突される危険性が低いと思われる場合)は、100%停止するように心がけています。

ただ、時々見えない場所に歩行者がいて、ビックリすることがあります。そんな時は止まれていませんだから、100%を目指してはいますが、実績としては100%ではありません。

私は、30分の通勤時間に対して60分早め(つまり勤務会時間の90分前)に出発しているので、余裕があります、帰宅時も、門限の縛りが無いので(独居老人)、余裕があります。


さて、大学病院で診断書を書いてもらわなければなりません。

運転に問題あり、となれば、問答無用、即時、遡及して運連免許が取り消されるようです。

その場合、運転免許試験を受けさせていただければよいのですが。

なにしろ、退院後は特に支障も問題も無く、安全安心適切に自動車通勤を続行していたのですから問題のあろうはずもないのですが(脳梗塞で入院中は医師から自動車の運転は禁じられ、週末外泊時は弟の運転で自宅に戻り、一泊後、タクシーで病院に戻りました。)。

私が運転免許を取り消されるとすれば、世の運転免許保持者の9割は同様に運転免許を取り消されるべき不適格者であろうと思います。

蛇足ながら、私程度の軽度の脳梗塞を発症しながら自覚(疾患的認識)がなく、病院受診されず、したがって脳梗塞と認識していない潜在患者は極めて多いようです。

ちなみに私は、活舌と筆跡に若干の後遺障害が残っています(別の現病で手指第一関節の中身がやられ、筆跡期は依然と比べ無茶苦茶になってはいましたが、昨年末の脳梗塞はそれに止めを刺した。)。

コメント(0) 
共通テーマ:地域

交通事情今昔 その1♪ [交通安全・マナー]

昔、出勤途上、雪の農道を走行中、田んぼに落ちている車に遭遇しました。

停車して近づくと、ドライバーは途方に暮れるというのか、呆然として突っ立っていました(立ち尽くす。)。

誰に連絡していいかもわからないほど混乱、呆然自失。

一緒に車を押し上げようとしましたが、二人では当然無理。

それで、私は、通りかかる車に応援してもらおうと思いました。

自分が当事者だったらそんなことはしないと思いますが、応援者としては厚かましく何でもやろうと。

そうすると、通る車がことごとく停まってくれて(良いご時世であった。)、ごく短時間で人手がそろい、落ちた車を路上に押し上げることができました。

車は、目だった損傷も無く、立ち去ることができました。

応援した人たちも充実感、達成感、連帯感に満たされました。

当然ですが、職場には30分くらい遅刻して、上司からだいぶん絞られました。



昭和の昔は、長閑というか、おおらかで、通勤途中に通りすがりの見知らぬ他人をよく乗せていました。

或る時は、出勤中、沿道の住人らしき母子で、駅に行きたいと悲壮な様子。

経路を若干変更して送って行った記憶があります。この時は遅効していない。

或る時は、土曜半ドンで帰宅中、交通量の多い環状バイパスでヒッチハイカーらしき薄汚れた青年を乗せました。食堂に行きたいと言うので、近くの王将で下ろしました。

この時は、帰路変更は全く無し。



事故発生の瞬間にも何回か遭遇しました。

六五郎橋を城島側に渡っていると、渡り切る直前に(筑後川の城島側河岸道との交差点直前)、前方を直進していた二輪車が強引右折する対向車に撥ねられ、人が宙高く舞い上がりました。

ドスンと落ちたわけですが、落ちた本人(不当に撥ねられた被害者)は、大丈夫と言っていたので、119と110は控えました。

しかし、撥ねた車も立ち去ろうとしたので、怪我があった場合、ひき逃げになるが?と指摘(アドバイス)してあげ、救急通報(警察には消防署から連絡)と被害者救済を勧告。

被害者には、今は大丈夫そうでも後で痛みや傷みが出ることも多いので、と病院受診を勧めました。

私自身、それまで何度も自転車で車に撥ねられ(怪我をしても)、110や119に通報したことは無かったので、あまり厳格ではありませんでした。

一度など、JR伊賀屋駅近くの南北の通り(本通り)を自転車通行中に側道から一時停止無しに出てきた車に離れた際は、たまたま通りかかった白バイが口を出し、自転車の修理代を請求したい私の前でその来るをリリースし、「怪我もしてないのに、こんなことで騒ぐな!」と私が叱られました。自転車は後輪のリムが歪んでいたのに。世の中とは社会正義も存在せず、こんな理不尽なことに満ち満ちていることを改めて知りました。

警察を恨む、ということは露ほどもなく、これが世の中、とスッキリと納得してしまったことを覚えています。



私が跳ねられて、一回だけ補償金をいただいたことがあります(つまり、それ以外はひき逃げ、当て逃げ)。

幹線道路の左路肩を自転車で漕行中、対向する自動車が枝道(信号無し)に向けて右折し、私の自転車に衝突したものです。

私の体には直接当たっていませんが、衝突した自転車が自動車に急激に止められたことにより、慣性の法則も作用し、私の体は宙に跳びました。

走り高跳びのような感じで、水平に推進していた力が水平方向を遮断したことにより上方に推進したのです。

予期してなかった大跳躍だったため転落時の受け身が十分でなく(柔道よりラグビーの経験が役立ったような)、手の平ではなく肘からアスファルト路面に落ちました。

路肩より幾分中央よりに落ちましたが、後続の車が止まってくれたので、二次的に轢かれずに済みましたが、右手の手首から肘にかけて打撲的に擦過、出血し、シャツの袖部が裂けました。

黒塗りの高級車から数名の怖そうな男の人が下りてきて、自転車もろとも事務所に連れていかれました。

殺されるのかな、と怯えていたら、シャツ代として2000円をいただきました。

自転車は、ぶつかった部分がサイドケース部分で、漕行に支障はなかろう、ということでした(後刻、素手で曲がりを直した。)。

骨折はなく、単なる擦り傷の出血ということで、生活に支障はなかろう、ということでした(後日、痛みが引いたので、奇跡的に骨折は無かったと思われる。)。

私として、2000円でシャツ代としてはお釣りがくるほどで、バンテープも買えますし、無事に帰してもらえれば文句はありません。

このように、反社会的組織のほうが、対応がまともだったりするのは何故でしょう?

指定暴力団でもなければ官憲にそれほどビクつくこともないはずなのに?

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「ブレーキとアクセルの踏み間違い」 [交通安全・マナー]

2018615日(金) 朝、5時頃起きると、やっぱり風邪がひどい。(最近、完全に日常の普通の日記)

とりわけ咳が苦しい、腹筋に激痛も走ります。

意識も朦朧としており、仕事は休んだほうが無難かな、という状態。

しかし、二人しかいない部署なので、計画的な休暇取得以外は、この前のような緊急入院でもしないと簡単には休めません。

相方に大迷惑をかけてしまいます。

で、いつものように、食事や歯磨きなどの朝のルーチンをこなし、ただ、腹筋4~500回は病状に鑑みて省略。

なのに、出宅時刻は通常より5分の遅延。

どういうことかと言いますと、作業工程は減っているのに時間は余計にかかり、本人はそのことに気付いていない。

つまり、風邪のせいでボケているわけであります。

風邪とはこのように、時間までをも無慈悲に奪い去る情け容赦のない途轍もなく恐ろしい病なのであります。

 

さて 佐賀県でも遂に起こってしまったペダルの踏み間違い。

 

佐賀新聞より引用
15日午前710分ごろ、佐賀県伊万里市二里町大里のコンビニエンスストア「ファミリーマート伊万里二里店」に乗用車が突っ込み、店内でATMを利用していた客の男性(19)が頭部や腕にけがをしたほか、店員2人が倒れた棚などの下敷きになり打撲を負った。乗用車を運転していた男性(58=長崎県=も指をけがしている。伊万里署によると、男性は「ブレーキとアクセルを踏み間違えた」と話しているという。」

 

ちょっと以前までは75歳以上の高齢運転者に起きていた「ブレーキとアクセルの踏み間違い」。それが今年にはいって、60代、50代と低年齢(?)化してきました。

そしてついに、佐賀県内で起きてしまったわけです。

ペダルの踏み間違い、どうして起こるのでしょうか?

そしてまた、それが高齢者のパニック状態時に起こると限ったことでもないのでしょうか

 

私も、車の運転中に操作ミスをすることがあります。

なかでも、ギアの入れ間違いのミスはたまにやります。

 

〇 発車時に1速に入れたつもりで3速に入れる。右への押しが足りない。

〇 減速時に3速に落としたつもりで5速に入れる。 同上

〇 後退時にリバースに入れたつもりで6速に入れる。 シフトノブリングのプルが足りない。

 

というように、左手がミスることはあります。

 

足でミスるのは、靴踵がフロアマットにひっかかってクラッチペダルの離しが悪く、半クラッチが長くなる(と言ってもコンマ何秒ですが)。

 

右足が攣ってアクセルが踏めない。

左足が攣ってクラッチの繋ぎが急になる。

 

というように、加減が狂うことはありますが、モノを間違える事態は脚・足が起こし得ません

 

踏み間違えのメカニズムを交通生理学で明らかにすることが必要です。


コメント(0) 
共通テーマ:自動車

日焼けで腕が痛い♪ [交通安全・マナー]

69日(土)気温32℃になる前に出かけたお散歩(11:22発)25.92km Faas400

朝は5時頃に起きたのですが、頭が重くて気分が勝れずグダグダして過ごし、結局先週の土曜日とほぼ同じ時刻:数分遅れてお散歩に出かけました。

公式計測気温は同じ32℃となっていますが、体感的には今日が暑かったかな。

北上、ついで東行し、伊賀屋(天満宮手前)からまた北上、県道48号線を跨いで北上し、久保泉工業団地入口交差点を左折西行、294号にぶつかって右折北上、あとは金立SAでサプリ補水。

帰りは(金立SAを中間点と見て)大和町(久池井)の中を横断して国道263号線に出て南下というコースでした。

今日は「さが水ものがたり館」を経由しませんでした。

陽射しがあったので日焼けしました。

顔はキャップとサングラスでガードしていますし、足はジーンズが守ってくれましたが、半袖から露出した腕はヒリヒリしています。

国道34号線(北バイ)以北はこんな感じ。

20180609.JPG

























さて、本日も高齢者の交通事故のニュースが入っています。

9日午前9時半頃、大阪府のJR学研都市線の野崎-住道間の線路上に乗用車が飛び出し、走ってきた列車と衝突、はね飛ばされ横転し、運転していた男性は死亡、助手席の妻は車から脱出し軽傷。電車の乗客に怪我はなかった。

事故直前に、車は線路に隣接した施設の駐車場ゲート前で停止後、突然後退して後続の車と衝突、その後、急発進(前進?)し、約100m先の駐車場のフェンスと線路のフェンス2つとも突き破って線路に侵入した。

警察は、後続車に衝突して動揺し、運転をあやまった可能性もあるとみて、事故原因について調べている。


パニックになってアクセルとブレーキを踏み間違えたのではないか、との見方が有力ではありますが、100mも踏み続けて、踏み間違いに気づかないのか、という指摘もあります。

踏み間違えは若年者にもあるが、それに気が付かないのが高齢者、という意見もあります。

アクセル系統に整備の際か何かに混入した異物が最初の後退衝突の際に挟まり、アクセルが戻らなくなったのではないか、という意見もあります。

はたまた、最初の後退衝突のパニックで脳血管が破れて異常行動に至ったのではないかと言う急病説もあります。

極論としては、衝突事故の責任から遁れるため逃走を図ったのではないか、という無責任に近い意見もあります。仮にそうだとしてもパニックリアクションでしょう。

真相解明は警察の捜査の進展を待たなければわかりませんが、年齢は無関係では無いようです。


高齢者として、私も運転にはいっそう気を付けたいと思います。
MTだから大丈夫なんてことはありません。

コメント(0) 
共通テーマ:自動車

赤信号3秒ルールは間違い。0秒ルールも間違い。 [交通安全・マナー]

62日(土)気温33℃になる前に出かけたお散歩(11:18発)20.52km Faas400
        夕食の買い物のお出かけ散歩(19:05発)     6.28km(寛平C)
                                                                     日計 26.80km


90歳の女性(この際、性別は無関係だが)が、国道の信号のある交差点で、赤信号で交差点に進入(突進)し、青信号で横断中だった4人を撥ねて死傷させた事故がありました。

事故を起こした運転者は、赤信号と認識していたが、渡っている人間がいないので、いけると思い突っ込んだということです。

この人にとって長い間、「赤信号は、通常は進入・通行し、歩行者が渡っている場合に限り、停止乃至徐行する」と認識されていたようです。

自転車やリヤカーや車が通っていたらどうするのかな?


多くの人は、「3秒ルール」:赤信号になって3秒経ったら停止しよう。さもないと、警察に検挙される、が浸透しているのですが、この人は何秒経とうが歩行者がいなければ突入してOKと思っていたのです。

あ、そもそも、「0秒ルール」:赤信号になったら0秒で(つまり即座に)手前の停止線の手前に停止すべきなので、社会常識の「3秒ルール」も完全なる間違い、交通犯罪です。

まあ、そもそも、黄色信号になったら止まるのが本当なので、「0秒ルール」も間違いなわけです。

黄色信号突っ込んだ人間を逮捕しろとは言いませんが、赤信号で突っ込んだ人間は、それが赤になって0.001秒後であろうが、容赦なく現行犯逮捕すべきでしょう。


事故を起こした運転者は、知人が見送っていたので早く視界から影響消えねばと焦っていたということで、その気持ち自体はわかります。

私も、点検後の帰り際、見送りはいいと言っても担当営業の人が見送ってくれるので緊張します。

spec C Type RA-Rのオーナーとしての矜持、というより見えがあるので猶更です

或る時など、営業所から車道に出る際、歩道手前で一時停止した際、何故か一度ニュートラルに入れて、それから1速でなく3速に入れてしまい、歩道から車道手前に進む際にエンストしてしまいました。

瞬時に再点火したため、動き上の停止は避けられましたが、起動音はした筈です。

1速と3速を入れ間違うなんてことは通常は無いし、また、強力トルクのためエンストはするはずないのですが、その時はなぜか入れ間違え、かつお見送りを意識して低回転のクラッチミートをしてしまったため、見事にエンストしてしまいました。

また、実家に帰り、戻る際には弟が見送ってくれるので、逆に最初の信号は黄色停止を徹底遵守します。

つまり、見送られると、早く視界から消えたい、という気持ちも生じますが、それ以上に大人しい運転をしようとか、遵法運転をしようという意識が強くなるものです、正常な適格運転者の場合

事故を起こした運転者は高齢運転が問題と言うことでなく、そもそも昔から運転不適格者だったのであり、免許を交付した公安委員会にも原因があると言えるでしょう。

なお、「歩行者が渡り始めていないので」というのは認知ミスだったようです

コメント(0) 
共通テーマ:自動車

スバルの完成検査ルールの改正私案♪ [交通安全・マナー]

 勢いで書いたので、いずれ消しますが、

 

1 国土交通省通達「自動車型式認証実施要領」の 第2 自動車型式指定実施要領 

 

 『法第75条第1項の規定による自動車の型式の申請等は、型式指定規則の規定によるほ 

か、別添1「自動車型式指定実施要領」により取り扱うものとする。』

  

別添1 「自動車型式指定実施要領」

    

    第6 完成検査

        完成検査の実施に当たっては、型式指定規則第7条各号に掲げる要件につい

       て検査するほか、次の点に留意すること。

 

   (3) 完成検査に従事する検査員は、当該検査に必要な知識及び技能を有する

          者のうちからあらかじめ指名された者であること。当該検査に必要な知識

          及び技能を有する者

 

2 スバル

 

① 完成検査要領

    『完成検査員が完成検査を行う。』

 

 ② 業務規定

   『完成検査員登用には現場経験の期間を必要とする。』

 

 ③ 現場運用

  1)『当該工程の完成検査員と同じく、十分な知識と技能を100%身に付けたと現場管

   理者(係長)が認定した者(以下、「登用前の検査員」と言う。)を、監督者(班長)

   の監視下で検査業務に従事させていた。』

  2)『登用前の検査員に、完成検査員の印章貸与を行い、代行押印を行わせていた。』

 3 改善の方向性

 

 1)「現場経験の期間」を、②の業務規定のとおり完成検査員登用(指名)の要件と

     するのか。その場合、その現場経験は、監督者(班長)の監視下で検査業務に従事

     するのではなく、指導完成検査員が検査業務を行うのを補助し研鑽するに留めなけ

     ればならない。

 

2)それとも、③現場運用の、完成検査員の同等の十分な知識と技能を100%身に

     付けたと現場管理者(係長)が認定した者を完成検査員に指名し、監督者(班長)

     の監視下で検査業務に従事させ、一定期間の現場経験を積んだ後に単独での完成検

     査業務に就かせるのか。

 

☆)指導完成検査員が検査業務を行うのを補助し研鑽することは、既に完成検査員の

     同等の十分な知識と技能を100%身に付けた者にとって殆ど意味のない行為であ

     ると考えられることから、2)を推奨したい。

 

4  今後の対応:改善策私案

 

上記を踏まえ、次の通り改善策を提案したい。

 

(1) 完成検査員資格試験の受験要件

     座学及びOJT等を通じて担当検査工程に必要な教育と訓練を受け、完成検査業

    務に必要な知識と技能を100%身に付けたとして現場管理者の推薦を得た者は、

    検査実技と筆記による社内認定試験を受けることができる。    

   (要 書面の教育訓練記録、推薦書)

 

(2) 完成検査員資格の認定(指名)

     資格認定試験に合格した者は、担当検査工程に関する「完成検査資格者」の認定

    を受け、監督者(班長)の監視下において完成検査業務に従事することができる。

   (要 書面の試験結果記録)

 

(3) 完成検査業務の単独従事の要件

     監督者(班長)の監視下において、個々人が保有する資格に応じて設定される要

    件従事時間(100時間~200時間)を満たし、かつ、単独で検査業務に従事する

    に足る経験を積んだと認められた者は、単独で完成検査業務に従事できるものとす

    る。(要  書面の認定記録)

 

補足

 ①の完成検査要領は国土交通省通達「自動車型式認証実施要領」に沿うものであるが、同

 要領の中に同通達の「完成検査員」の定義の記述はあるのか。もしなければ加えるべきで

 ある。

 

スバルの場合、現場の暴走ではなく会社としての規定不備であるため、改善策の策定と完全実施は極めて容易なので、早急に対応し、私の車検整備に支障のないようにしていただきたいと思います。

現状から考えれば、
監視下検査従事期間を経て、かつ社内の筆記試験に合格して、完成検査員の呼称を付与された者(つまり、「完成検査員」)は、2017年10月1日現在、同社全体で245名  に対し、
監督者の監視下で完成検査業務に従事していた、完成検査員の呼称付与前の者(つまり、「資格取得前の検査員))が、⇒2017年10月1日現在、同社全体で4名  であるので、実質的対応も比較的容易である。

 

こんな感じで、スバルさんに応援メッセージ(エール)を送りましたが、ヘビークレイマーと勘違いされるかな?

  


コメント(0) 
共通テーマ:自動車

現代のスポーツカー CATERHAM と tommykaira ♪ [交通安全・マナー]

ライトウエイトスポーツカーは他にあるでしょう?というのはごもっともなご意見。

でも、硬い屋根が無いと、雷や暴風雨、雀蜂、カメムシ等を防げないので、私の場合、対象外となります。

例えば、ケータハム スーパーセブン(CATERHAM SUPERSEVEN480等)。

昔から気になっていたが、屋根が無い(幌を装着可能)。難病老人は好天時しか運転できない。

それと、これは白ける話で恐縮ですが、異常運転者が過半数を占める公道で、ここまで軽量の車に乗ることは危なすぎるということもあります。

こうしてみると、スイフトスポーツが最もコストフォアバリュウに優れているかな?
次いで、やっぱりBMW M240i クーペ♪

軽量で高出力ということでは、右端の tommykaira zz があります。

実は、このブログのurl(http://tommykairafan.blog.so-net.ne.jp/)にも借用させていただいていますが、昔から tommykaira のファンでした

2005年の5月13日には、Tommy Kaira の京都本社を訪問させていただきました。かねてより、Tommykaira M20b-2.2(インプレッサwrx STi のフルコンプリート)の見積りなどでやりとりがあり、所用で大阪を訪れた際に訪問させていただいたのです。

あの頃はまだ夢(?)があったなぁ・・・。今よりは若かったし(当たり前)。当時も tommykaira zz は在りましたが、日産のエンジンを積んだスポーツカーでした。今の tommykaira zz は、別の経営で製作されており、しかも電動なのです。モーターなので変速はありません。まさしくリニアな加速なのでしょうね。


  スズキ 
スイフトスポーツ
シボレー
コルベット 
クーペ Z51 
LOTUS
Exige S
SUBARU STI
S209
BMW
M2 クーペ  
BMW
M240i クーペ 
ポルシェ
718 ケイマン S
ケータハム スーパーセブン480 LOTUS ELISE SPORT 220 Ⅱ 電動
tommykaira zz
 
 車重(kg)
 1t未満
   ○    ×    ×    ×    ×    ×    ×    ○    ○    ○  
970kg 1,570kg 1,170kg 1,530kg 1,560kg 1,550kg 1,355kg 550kg 904kg 850kg  
    加点 6点 2点 4点 2点 2点 2点 3点 10点 7点 7点  
 MP(PS) 140 466 350 380 370 340 350 240 220 305  
 MT(kgfm) 23.4 64.2 40.8 48.5 47.4 51 42.8 21 25.4 42.3  
 W/P  6.929 3.369 3.343 4.026 4.216 4.559 3.871 2.292 4.109 2.787  
 W/T  41.453 24.455 28.676 31.546 32.911 30.392 31.638 26.190 35.591 20.095  
    加点 3点 8点 7点 6点 6点 6点 6点 8点 6点 9点  
 価格(\) 1,836,000 9,940,000 8,800,000 7,500,000 8,020,000 6,830,000 8,490,000 7,668,000 6,696,000 8,000,000  
    加点 10点 1点 2点 2点 2点 3点 2点 2点 3点 2点  
0-100km       3.7秒      4.0秒     4.1秒     4.2秒      4.6秒      4.6秒    3.4秒     4.6秒    3.9秒  
    加点 3点 9点 8点 7点 7点 6点 6点 9点 6点 8点  
 排気量
6000cc<
   ○    ×    ○    ○    ○    ○    ○    ○    ○     ?  
    加点 10点 -5点 2点 5点 3点 3点 3点 5点 6点 0点  
 自然吸気    ×    ○    ×    ×    ×    ×    ×    ○    ×     ?  
    加点 0点 10点 0点 0点 0点 0点 0点 10点 0点 0点  
 MT
clutch pd
   ○
 6速MT
   ○
  7速MT
   ○
 6速MT
   ○
 6速MT
   ○
 6速MT
   ○
 6速MT
   ○
 6速MT
   ○
 6速MT
   ○
 6速MT
   ×
  1速AT
 
    加点 10点 12点 10点 10点 10点 10点 10点 10点 10点 0点  
 屋根
 (雷避け)
   ○    ○    ○    ○    ○    ○    ○    ×    ×    ×  
    加点 10点 10点 10点 10点 10点 10点 10点 -20点 -20点 -20点  
 音  良い  不明  良い  良い  いまいち  いまいち  不明  良い  良い  無い  
    加点 6点 5点 8点 8点 5点 5点 5点 8点 8点 0点  
  合計点 58点 52点 51点 50点 45点 45点 45点 42点 26点 6点
 


ケーターハム スーパーセブンには620というのがあって、コストフォアパフォマンスは抜群なのですが、加速が凄すぎて、怖い。それと、シーケンシャルシフトは、シフトアップはよいとして、ダウンが面倒くさそう。
⇒ 車重545kgに310ps(supercharged)、30.4kgfm、0-100km加速2.8秒、6速ST(¥8,964,000)


caterham01.JPG


コメント(0) 
共通テーマ:自動車

BMWの買いは、M2クーペか?   M240iクーペか? [交通安全・マナー]

SUBARUの買いは、S208か?  S209か? と考えると、S209かな、と。

では、もしBMWを選ぶのであったら、買いは、M2 クーペか?   M240i クーペか?

      M2 クーペ      M240i クーペ  
 全長x全幅x全高  4,475mm×1,855mm×1,410mm   4,470mm×1,775mm×1,410mm 
 車両重量    1560kg  1550kg
 ホイールベース      2,695mm         2,690mm       
 トランクルーム容量  390リットル  390リットル
 エンジン  型式 N55B30A 直列6気筒DOHC           型式 B58B30A 直列6気筒DOHC         
  総排気量  2,979cc     2,997cc   
  最高出力  272kW 〔370ps〕 / 6,500rpm   250kW 〔340ps〕 / 5,500rpm 
  最大トルク  465Nm〔47.4kgm〕/1,400-5,560rpm   500Nm〔51.0kgm〕/1,520-4,500rpm 
  圧力比:1     10.2  110
 ステアリングホイール  ポジション 右   型式 CBA-1H30G   ポジション 右   型式 ABA-2G30G
 燃費消費率  12.1km/ℓ  12.7km/ℓ
 駆動方式    後輪駆動   後輪駆動 
 トランスミッション    6速 MT   6速 MT 
 タイヤ   (F)245/35R19 (R)265/35R19   (F)225/40R18 (R)245/35R18
 ホイ-ル    (F)9J×19   (R)10J×19
 
ダブルスポーク・スタイリング437M(鍛造)
 (F)7.5J×18    (R)8J×18
 
ダブルスポーク・スタイリング436M
 お値段  \8,020,000  \6,830,000
※ M2クーペの最大トルクは、オーバーブースト機能により一時的に500Nm(51.0kgm)までアップ。
   
公式サイト等により2017/9/17確認情報

よく似ていますが、M2がフェンダーが張り出している分8cm幅広になっており、駐車スペースの問題が出てきます。

エンジンは、最高出力はM2が30ps高くなっていますが、最大トルクはM240iのほうが3.6kgm高く、M240iが地力で勝っているようです(M2クーペの最大トルクは、オーバーブースト機能により一時的に500Nm(51.0kgm)までアップ一時的・・・。)。

ネット記事によれば、足周りはM2がしっかりしており、M240iはちょっとゆるいようです。

外観は、幅広の分、M2が良い感じです。

排気の管端も2本×2で押し出しは良い。しかし、排気管端が4本になっても見栄え以外は無意味かな?

タイヤとホイールはM2が大径&幅広で、威圧感が良いが、後々のタイヤ交換時には泣きを見る(大きいと幾何級数的に高価になる・・・。)ことになる。

MT以外は選択対象外なので、6速MTがあるのは大変、大変ありがたいが、シフト感覚は若干緩いようです。

足回りは実質上もM2が良いが、ざっくり言えば、見てくれのM2クーペ、実力のM240iクーペという感じです。

やっぱり、総合的に考えると、BMWではM240iが一番お買い得ではないでしょうか?

余力がありながら、ゆるい走りで、特に老人にはぴったりかな?

SUBARUのS209は良い車だが、年寄りにはきついかもしれません。

と言いつつ、もしM240iを入手すれば、価格差分をつぎ込んで、市販キットで足回りを締め上げるような気もします(笑)。

ただし、あんまり低くすると、魂すぺⅡのように、日々の自宅マンション駐車場の出入りで悲しい思いをすることになります。

緩いが安全運転の私が、魂すぺⅡの「Spec for Competetion:Record Attempt-Radical,Racy」というコンセプトを噛み締めるのは、駐車場と車道との出入りの際のみ。

※信号が黄色になりそうな気配(歩行者用信号の点滅開始など)を感じると、緩やかに速度を緩めて(追突されないよう、後続車に注意喚起する意味もあります。)、黄色信号になるときっちり停止するように心がけています。結果論としては、100%実行できていないですが(後続車の接近具合によっては、黄色で交差点に突っ込まざるを得ない時があるのです。)。

以下の写真は、ネットで採取したものです。無許可で載せて済みませんが、宣伝になるので大目に見てくださいm(_ _)m

m2c00.jpgm2c01.jpg240ifront2.JPG240irear2.JPG




























































関連記事 


コメント(0) 
共通テーマ:自動車

高齢運転者の交通事故 [交通安全・マナー]

ここ1、2年、高齢運転者の交通事故に世間の耳目が集まっているようです。

実際は若年者や中年者の無謀暴走運転による惨事や、年齢に関係の無いマナー違反・ルール違反が頻発していますが、日頃の行いのせいもあって、高齢者への批判が高まっています。


高齢者の運転操作ミスとして一番取り上げられるのが、アクセルとブレーキの踏み間違いです。何故踏み間違えるのか、さっぱりわかりませんが、事故後に本人がそう供述されているので、間違いないでしょう。

アクセル踏んで進んでいて、危ない、止まろう!という時に、何故かまた、同じアクセルペダルをしっかりと踏む、ということですね。

咄嗟の反応なので、何とも言えないところもありますが、咄嗟の反応も含めて習熟し、以て運転免許をいただいた筈です。不思議でなりません。


大分市の病院突入事件では、「アクセルを踏み過ぎた」ことが暴走の原因とされています。これもとても不思議です。

アクセルの踏み加減で速度の調整ができないのに、免許がもらえている。


有る筈の無いことが起きている。これらは、当人にとっても非日常の異常事態なのです。普段はこんなことは無い、今まで一回も無かった、そんなことが何故か今日起きてしまった、一回起きれば大惨事。

こう考えると、矢張り高齢運転は危ないのかもしれません。

突如起きる脳内異常。一回もやったことの無いペダルの踏み間違え、踏み過ぎ、しかし、だからと言って今後起きない保証はない、いや、いつ起こるかわからない、いつ起きても不思議ではない。

となると、50歳を過ぎたら運転免許を返上して、乗り合いの大量輸送交通機関やタクシー等を利用するしかありません。お金はかかるかもしれませんが、安全第一です。また、不要な移動は極力慎み、特に休日は部屋から出ないことが肝要です。散歩で外出することはあってもいいかと思いますが、そうすると、今度は逆に交通犠牲者となります。


ブレーキペダルとアクセルペダルの踏み間違い、アクセルの踏み過ぎによる事故防止には、巷間囁かれているように、クラッチペダルレスAT車やパドルシフト車をやめて、クラッチペダル式MT車に乗り換えることが有効です。

MT車に乗ると、減速時や停止時にはアクセルペダルを緩めてブレーキペダルを踏む作業と並行して、順次シフトダウンするため何回もクラッチペダルを踏む作業が必要になります。身体が覚えます。緊急停止する時も、クラッチペダルを踏む反応は忘れません。クラッチペダルを踏む作業とアクセルを緩める作業は脳内で連動します(クラッチペダルをつなぐ作業と、アクセルペダルを踏んで回転数を合わせる作業も脳内で連動します。)。

これを急いでやるときには、右足を横向きにして踵でアクセルを踏んでつま先でブレーキを踏む作業が脳内で連動します。つまり、咄嗟の時にアクセルペダルだけを踏んでしまうということは、反応の中にありません。クラッチペダルを踏まないでシフトレバーを動かしたら、外すのは円滑にいきますが入れる時にギア鳴りがするし、場合によってはエンストしますので、大暴走は防げると思います。

次に、急発進ですが、MT車の場合、発進時にはクラッチミートがあるので、よほど意図的に回転数を上げて上手にクラッチミートしないと急発進しないので、これは「絶対」大丈夫です。大分市の病院突入のような事故は起きません。

前進と後退を間違えての暴走も同様なことで起き得ません。間違えて入れても、クラッチミートする際に、ゆっくりと、前進か後退か判明します。だいたい、前進ギアと後退ギアを間違えて入れるようなシフトパターンにはなっていません。

私のクルマは6速車ですが、後退に入れる際はシフトノブのプルレバーを引き上げた状態でシフトノブを引き入れますし、6速に入れる際はプルレバーは引かないでシフトノブ自体を右側に少し引く感じで引き入れます。プルレバーの引きが不十分な状態で引き入れて6速に入れてしまうことが稀にありますが、クラッチを繋ぐと微速前進しようともがきますので、直ぐに入れ間違いに気づきます(ただ、高速走行中に5速から6速に入れようようとして、脳異常によりプルレバーを引いた状態でシフトレバーを引き入れたらどうなるかと思うと心配で、仕事中も眠れません。ギアボックスがバラバラになって吹っ飛ぶのか、前進中には後退ギアに入らないのか。)。


ということで、高齢者は黙ってMT車♪

スキルフルな高齢者は、クラッチペダルを踏まないでギアチェンジできる人もいます。

抜くのは私も出来ますが、入れる時はギア鳴りがして手に衝撃が来ます(ここ20年はチャレンジしていません。)。

スキルフルな高齢者は、ギアが合うタイミングをシフトレバーを握る手の感触でわかるのか、「ギアが吸い込まれる時にそっとリリースしてやる」感覚でギアを入れるそうです。コンマ何秒の世界です。当たり前ですが、内燃機関点火~発進時にはクラッチペダルを踏まれます。


別の機会に書きたいと思いますが、自動車運転者のマナーの悪さ、ルール無視にはあきれるものがあります。

歩行者や自転車のマナーの悪さやルール無視は、免許が無い分、容認できますが、公安委員会から運転免許皆伝のお墨付きを貰っている有資格者は容認しにくいです。

コメント(0) 
共通テーマ:自動車

ちょっと残念な交通安全キャンペーン車・・・ [交通安全・マナー]

4月6日(木)。

今日は週休日なので、車で私用を足しに夢タウンを訪れました。

お昼前に用が済み、中央口から外に出ると、扉の左横で、春の交通安全キャンペーンの準備が始まっていました。

そうか、新学期に合わせ、今日から春の交通安全運動なのだ。

駐車場の、これも中央口から右に出る時、パトカーが1台駐車場に入って来ました。

私が道路に出たあと、さらにパトカーがもう一台入場。

その後ろから、パトカーではないキャンペーン車輌が何台も続きます。

私が右折して道路に出てから数十mの地点の横断歩道に、横断待機の歩行者がありました。

私は、いつものように横断歩道の手前で停止して、対向車(交通安全キャンペーン車群)が停止し歩行者が安全安心に道路を渡るのを待ちました。

しかし、普通だったら当然停止して歩行者を渡らせてあげる筈の対向車の車列は、決して停止することがありません。

私が、手で歩行者のことを指さして対向車(交通安全キャンペーン車群)の停止を求めても応じていただけませんでした。

そして、交通安全キャンペーン車輌群の後ろの一般車輌が横断歩道で止まってくれて、歩行者はやっと道路を横断することができました。

私も発進することができました。

クラクションを鳴らすことも無く待ち続けてくれた私の後ろの車列には感謝です。

しかし、これが佐賀の交通安全キャンペーン車輌(派手なステッカーが貼ってある)かと思うと、悲しく、寂しくなりました。

あまりにも偽善的な交通安全キャンペーンもどうかと思われますが、ここまで実践を排除するのも凄いと思います。


コメント(0) 
共通テーマ:地域

手指第一関節欠損者に適したトランスミッションとは♪ [交通安全・マナー]

2016/9/24(土)   17.89km

朝、ちゃんと起きて、7時頃にはギリシアヨーグルトとエレンタールの朝食を摂ったのですが、貧血乃至低血圧乃至低血糖のような、気が遠くなる感覚が強かったので、ちょっとだけのつもりで、ベッドで横になりました。

ほんのちょっとのつもりだったのですが、目が覚めると10時でした。

微睡により空腹を覚えたので、冷えた缶珈琲(タリーズブラック)1本とレーズンバターロール1個でお腹を満たしました。

其の様にして遅めの出だしとなった今日のお散歩は、両脹脛に来て終了しました。

終わりの5kmくらいは歩きが多かったと思います。

その後、夕刻に買い物で車に乗ったら、大変でした。

足が攣る、攣る。

アクセルペダルでも攣るときは攣りますが、クラッチペダルの踏みっ放しは最恐です。

10秒くらいは動かない、と判断すればギアをニュートラルに入れてクラッチペダルから足を下ろしますが、数秒と判断した場合、踏みっ放しにしています(悪い癖でしょうか?)。

それが、今日ぐらい脹脛にダメージを受けていると、3秒で攣ります(笑)。

先生(循環器内科)、私ほど極端に足腰が弱い人間は、矢張り2ペダル車(クラッチペダルレス車)が良いのでしょうか?

ただ、私、両手の指の第一関節が欠損しており、指先でモノを操作することができません。

パドルシフトはアウトですね。

MTの普通のシフトレバーは掌で包み込んで操作するのでセーフです。

リバースの引き上げは第二関節の仕事なので、これも大丈夫。

AT車のシフトレバーは変なボタンが付いてたりするものがあるようですが、私にはこれは駄目です。

もし、私が脚と足の脆弱化によりAT車を選ぶとした場合、日産GTRの Pure edition(税込9,960,840円)も選択肢に入ってきます。

と思って、GTRの商品サイトのトランスミッションの説明箇所を覗いてみますと、なかなかに玄人様仕様の凝った仕掛けが施されているようでありまして、私のような劣化脳細胞と欠損運動機能の年寄りには操作できない代物のようです。

秀逸なマシンは乗り手を選ぶ。

残念ですねぇ・・・。

劣化脳細胞と欠損運動機能(特に手指9本の第一関節欠損)の年寄りである私に操作できるトランスミッションは、クラッチの繋切が足踏みペダル式の手動変速式しか無い。

欠損した(空洞)関節は復活しないと、骨関節・整形の先生に宣言されているので、今後、指操作(つまり、AT車の変速)は無理です。

ですので、重いクラッチを5秒踏んだくらいで攣らない強い足、上りの渋滞で頻繁にクラッチを踏んでも攣らない強い足を作って行くしかないのです。

ま、丁度 BMW M240iクーペ のカタログも届いたことですし、販売店も歩いて行ける距離だし、職場で流行りの独逸車もよいかな、と。 

M2クーペも悪くはありませんが、此奴には何しろMTの設定が無い。これは致命的。

ところで、M240iクーペ って右ハンドル車は無いのかな?(笑)

※回転計は中央鎮座ではなく、速度計と対等で並んでおります。穏健・穏当です。
 思えば、魂すぺⅠ もこんな感じでした。=のす・たるじ。

240i.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

240i青外観.JPG 


コメント(0) 
共通テーマ:自動車

Porsche 718Cayman S もお手頃♪ [交通安全・マナー]

Porsche にも 718Cayman S というお手頃の商品があったのですね。

0 - 100 km/h 加速は6MTで4.6秒とコルベットZ06の7MTの2.95秒ほどではないものの(コルベットZ06のお値段が600万円ほどお高いです。))、BMW M240iクーペを凌駕します(718Cayman Sのお値段が200万円ほどお高いです。)。

外観は、コルベットほど派手ではなく、BMWほど地味でもなく、丁度良いかも。どれも好きですが。

エンジン出力は350psと(最大トルクは、42.8kgmと、M240iクーペ や spec C Type RA-R より若干低めだが)M240iクーペとあまり変わらないのですが、車重が1355kgと、M240iクーペより200kgほど軽いため少し加速が良いようです 

spec C Type RA-R と比べても40kg弱軽いのは好感が持てます。

しかし、AWDから2WDへの乗り換えは頗る危険ですよね[がく~(落胆した顔)][たらーっ(汗)]

ミッドシップの後輪駆動、二人乗り。

実際一人しか乗らない(パッセンジャーズシート不要)のだから、二人乗りで十分以上の収容力(笑)。

ところで、718Cayman S も、タコメーターが中央に鎮座。

比較的地味目なデザインで、気持ちを鎮静化し、安全運転を促進します♪

残念乍ら、こちらも6速です・・・。

7速だったら、MTでもDoppelkupplungsgetriebeと同等以上の0 - 100 km/h 加速が得られるのに(独断♪)。

しかし、悪くない・・・。

ポルシェケイマン2.jpg

ポルシェケイマン横顔.PNG


コメント(0) 
共通テーマ:自動車

7速MTで、回転計が中央に鎮座のコルベット♪ [交通安全・マナー]

2016/9/19(月)     14.65km  感染予防のため、マスクをかけてのジョギング、ウォーキング。

台風前の雨で歩行者は少ないため、マスクはあまりしなくて済みました(人が居なければ感染危険は無いのか?)。

雨がね・・・。

午前中は雨が激しいので(と思って)、13時過ぎに散歩に出かけました。

ところが、13時過ぎても外では確りとしたが降っていました。

そのうちに止むかと思ったら、結局最後まで降り続きました(夜中の今も降っています。)。

厚手の生地のジーンズ(ストレッチ性もゼロ)だったので、雨に濡れると脚が動かなくなります。

ところで、本日認識したのですが、このところの筋トレと、アミノ酸類(エレンタール、鰹節、高野豆腐、クレアチン、L-アルギニン、L-グルタミン)の適量摂取により、太腿とヒップ廻りの筋肉が肥大しているようです。

ジーンズの太腿と腰回りがきついのです。

この状態で、ストレッチ性の無いジーンズが濡れると、駆ける際に太腿があまり上がりません。

何故か脹脛は太くなっていないので、此処は大丈夫(血栓乃至静脈瘤が治ったようです。)。

靴も、雨だったので、ちょっと古い、相当ソールが傷んだ靴を履いたので、足もあまり具合がよくありませんでした。

傷んだ靴に未練はいけません。

散歩者、ジョガーは、今日は、お見掛けしませんでした。

犬の散歩(人も一緒です。)は5、6組遭遇しした。

犬の散歩は日々の必須ルーチンであって、雨が降ろうともなかなか省略できにくいのでしょうね。

さて・・・・自家用の乗用自動四輪の輸入車では、BMW M240iクーペがお値段満足度に優れているのではないか、とほとんど輸入車を運転したことがないのに思ってしまいました。

昔は、サブラフとタスカヌとかいった車が欲しかったのですが、もう今は作っていないようです。

今も作られている軽量車ロタスは、形状的にちょっと乗り辛い。

アウヂは性能の割に高いのと、運転がつまらなさそう。

ポーシャは性能の割に高いのと、運転が難しそう。 

シボレコルベットはアメ車ながら、7速MTタコがど真ん中のコクピットなど、かなり好みです。

ワクワク[ドコモポイント]

でも、税込みだと1000万円超えるので、GTRがチラつきます(しかし、GTRはクラッチ操作ができない。GTRよりこっちが好きですが。)。車重も気になります。

それと、(GTRよりこっちが好きですが、私は。)アメ車という理由で、車好きの人たちには馬鹿にされそう。 

でも 0-100km/h    3.7sec(Z51),  2.95sec(Z06)なので、決して遅くはない。

コクピット2.PNG

コルベット.PNG 

お手頃価格の Z51                                                          

7speedMT.PNG 


コメント(0) 
共通テーマ:自動車

動力切繋足踏式手動変速機(MT)と軽量に拘ると(汗) [交通安全・マナー]

2016/9/17()    16.52km  感染予防のため、マスクをかけてのジョギング・ウォーキング。

さて、鈴木のイグニスは、880kgの車重に、最高出力と最大トルクは、エンジンで91psと12.0kgm、モーターで3.1psと5.1kgmです。

164万1600円。

これはいいですよ。

ただ、残念ながら、トランスミッションはCVTしかありません。

鈴木には、バレーノという商品もあります。161万7840円。

950kgの車重に、最高出力111ps、最大トルク16.3kgmで、これも良いです。ただ、残念ながら、トランスミッションは6速ATしかありません。

両車とも車重が1トンを切っており、軽快なフットワークを予感させてくれます。

そして、そういうクルマは、フットペダルで動力を切って繋いでクロスレシオのギアを手動で駆使して気持ちよく走らせたい。

そこまで言うなら(笑)、鈴木には、スイフトという奥の手(?)がありました。

スイフトスポーツ 172万8000円。

車重1040kgで、最高出力136ps、最大トルク16.3kgmで、これも良いです。

なお、たまたまでしょうが、1586ccの自然吸気エンジンの最大トルクと、バレーノの996ccの過給機付エンジンの最大トルクが同じ値に設定されています。

故意に合わせたのでしょうね。ターボの威力。

閑話休題、スイフトスポーツには、手動6速のトランスミッションが設定されており、これはとても良いことです。

こうやって見ると、日本の市販車では、このスイフトスポーツ6速車が1番の「買い」と思われます。

実は、昨日、仕事帰りの運転中、前に、黒のスイフトスポーツ君が走っていました。

良い見目でした。

排気管がデュアルで両サイドにニョキッと突き出ているのもスポーティで好感が持てます。

後続車 Spec C TYPE RA-Rからのネットリトした注視にも動じず、メリハリを付けた、きちっとした正統の運転をされていたように思います。

思えば、昔乗っていた「いすゞ  ジェミニ ZZハンドリング・バイ・ロータス」は、当時、シビックsiを凌ぐ当代随一の動力性能(排気量1588cc、最高出力140PS/7200rpm、最大トルク14.5kgm/5600rpm、車重1050kg)でした。

このスイフトスポーツは丁度、当時のジェミニやシビックに匹敵する動力性能を有し、その他の機能は両者を遥かに凌駕するものと思われます。

スイフト01.PNG          スイフト02.PNG

交通安全の土台となるルールの順守とマナーの保持は人格・人徳を其の礎とし、付け焼刃は利きません。

交通安全追及者の皆さま、人格・人徳を根底から磨き上げるため、スイフトスポーツが売り切れる前に、印鑑と200万円を握り締め、鈴木車の地域販売店へ急ぎましょう!!(安全運転で)

おっと、BMW M240iクーペ も忘れてはいけません。

良きライバルなのかもしれませんね。


コメント(0) 
共通テーマ:自動車

車の重さ [交通安全・マナー]

2016/9/15(木)     13.06km  感染予防のため、マスクをかけてのジョギング、ウォーキング。

さて、意外にコストフォアパフォマンスの良さそな BMW M240iクーペ ですが、ネット上では私は車重を知り得ませんでした。

最高出力は340psとそこそこですが、最大トルクは51kgmと大き目なので、多少車重があっても走ってくれそうです。

しかし、先日、愛車の車検が数か月後に迫っている知人に買い替えを勧めた手前もあり、正確な数値を知っておきたい。

ということで、BMWさんにカタログをお願いしました。PDFカタログの送信を予想していたら、紙媒体で送っていただける感じです。

車重が1450kg未満ですと、可成有望ですね。

昔の感覚ですと、1450kgというのは、重くて大きくて、加速しない、曲がらない、止まらない、三拍子揃ったって感じで、これを軽快に走らせるのに挑戦意欲を掻き立てられるようなところがありました。

しかし、今は、衝突安全性、走行安定性、居住性等の観点から、乗用車は著しく巨大化しているのに、その一方で、車体強度やエンジン出力、その他技術のそこその向上により、走行性能・操縦性をあまり損なわないで頑張っておられます(拍手)。

だから今は、1.5トン近くなっても決して巨大空母とは言えません(巡洋艦?)。

現に、私の Spec C TYPE RA-R も1390kgあるにも関わらず、とても軽快に加速し、気持好く曲がり、疾く止まってくれます。

とは言いつつ、最高出力は340psで最大トルクが51kgmの車が、車重が2000kgもあると、矢張り鈍重さをイメージしてしまい、手を出す気にはなれませんよね。

逆に、900kgしかないと、私のような凡庸運転者にとっては危険極まりないウルトラオーバースペックモンスターで、調子に乗って運転すれば直ぐ死にます。


コメント(0) 
共通テーマ:自動車

こどもの日:子どもを護ろう!! [交通安全・マナー]

5月5日(こどもの日) カンカン照りのお散歩(10:30発)23.92km

右脹脛の故障予兆を配慮し、お散歩は自粛しようかとも思いましたが、1時間ほど逡巡(テレビを観ていた)の後、取り敢えず歩こう、と、出かけてしまいました。

少し走ってみると、特に問題はないようです。

今日は、雲一つない好いお天気で、強い陽射しが肌を焼きます。

気温はあまり高くない筈なのですが、直射日光の熱で、けっこう汗はかきます。

したがって、熱中症防止のため、夏並みの補水を心がけました。

これしきの距離に、ペットボトル3本(サプリ2本、水1本)。

交差点横で、店舗と舗道の段差に腰かけて補水していたら、男性の大声。

声のしたほうを見ると、サッカーボールが向こう側の舗道(公園側)から転がってきてて、それを追いかけて車道に出ようとした男の子(就学前?)がお父さんに止められていたのです。

転がってきたボールを拾って、ちょうど横断歩道が青になったところで向こうに渡り、お父さんに手渡しました。

お父さんは、私へのお礼と男の子への叱責を交互に何回もされていました。

こどもの安全については、万全の注意が必要ですが、常時鎖で繋いでおくわけにはいかないので、教育・躾が非常に重要です。

そういう意味で、こういう時には嫌というほど叱っておくことは大変重要だと思います。


 
今年は、春の全国交通安全運動の展開が非常に遅く設定されています。

新入生や新社会人、転勤者が大量発生する4月初旬でもなく、全国的大移動が行われるGW期間でもなく、ずっと後の、5/11(月)~5/20(水)。

何故なのかと考えるに、怒涛の4月と、GWは、それなりに皆気を引き締め、過去において交通事故が少なく、GWが終わって1週間頃から気のゆるみ、弛みが出てきて、交通事故が増えているのではないでしょうか。

ちなみに、運動の基本テーマは、

どもと高齢者の交通事故防止」であり、

【全国重点】の取り組みが、

 自転車の安全利用の推進

 ・全ての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底

 ・飲酒運転の根絶   となっています。

私は、これに、信号無視の根絶 を加えたいと思います。

そして、兎に角、子ども を護りましょう。

我々年寄りは、いいです。

年寄りは、交通事故を起こさないようにしましょう。できれば、車の運転をやめましょう。

そして、なにより、社会の宝:子ども を、死力を尽くして護りましょう。

さらにできれば、小さな子どもの両親も護りましょう。

【地域目標】としては、

長崎県のスローガンひとりでも まもるよやくそく みぎひだり」

長崎県警の特別広報「脇見・ぼんやり運転の防止」  があります。

私は、長崎県、長崎県警とも大変適切な取り組みを挙げられてると評価したいと思います。

右左の確認:これは、特に自動車運転者が本道(幹線)に左折で出る場合に、左方向を見ない(=歩行者無視)という傾向があるので、ぜひ是正・更生していただきたいと思います。

脇見・ぼんやり運転の根絶:運転は、前身全霊を以てこれに当たらなければなりません。一瞬、ほんの一瞬の心身の逸脱(注意欠如、欠伸、クシャミ、瞬き等)で、容易に人・動物の生命に致命的損害を与えることがあります。

実は、私、GWに入る前の4月28日に、以上のことと、正規の(官製の)交通安全運動期間に、自主的交通安全運動期間を加え、

自主交通安全取組期間 4月29日(水)~5月10日(日)
官製交通安全運動期間 
月11日(月)~5月20日(水)

いうことで、職場内通知をいたしました。


きょうは、こどもの日です。

交通事故のことだけを書いてしまいましたが、交通事故をはじめとする全ての事故から子どもを護りましょう。

幼児虐待や性犯罪などの全ての犯罪から子どもを護りましょう。

未来を支える子どもを護りましょう。

親も行政も社会も。


コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の30件 | - 交通安全・マナー ブログトップ