So-net無料ブログ作成

「警視庁ゼロ係」と「警視庁いきものがかり」♪ [テレビ]

7月29日(土)暑いので近場のお散歩(8:35発)15.22km
 
とは言え、流石に自宅周辺周回コースでは飽きるので、多布施川遊(散)歩道コース。
舗装はされていない、凸凹で、足元を木の根が横切ったり、頭近くを木の枝が横切ったり、ある程度の注意、緊張が要求されます。
そこそこ大きい小石も落ちており、踏むと相当に痛いし、バランスも崩します。
 
マムシではないと思いますが、蛇も横切ります。
ハブはいない筈なので、上から落ちてくるものはないと思いますが、油断は禁物です。
また、対向する散歩者等があれば擦れ違うのは厳しいので、避ける必要があります。
 
すぐ横に、車の離合は難しい「狭い道」(車も人も通行できる道)もあるので、柵を越えてそちらに退避する手もあります。
およそ数百m毎に横切る普通の車道にぶつかります。
所々では、普通の車道にぶつかる手前で、径が、車道を横切るものと、車道の下をくぐるものに分かれるところもあります。
 
交差する場合は、その手前で、遊歩道は狭い道に合流します。
で、狭い車道が普通の車道の下をくぐることは有りません。
JR長崎本線や国道34号線は、歩道は狭い車道と合流せずに下をくぐります。
   
昨夜は、小泉孝太郎さん主演の「警視庁ゼロ係〜生活安全課なんでも相談室〜」(金曜日20時~ テレビ東京)。 割と面白く、欠かさず観ることにしました。
刑事ものは、陰謀物か、コメディ仕立てに限ります(?)。
小泉孝太郎さんの、仕立ては普通だが色合いが(公務員としては)尋常ではない衣装も良い。
単なる警察コメディではなくて、裏がありそうで、楽しみです☆☆☆
  
日曜夜は、渡辺篤郎さんと橋本環奈さんW主演の「警視庁いきものがかり」(日曜日21時~ フジテレビ)を楽しみにしています。
癒しと安定感のある(可愛らしいという意味です[たらーっ(汗)])橋本環奈さんの演技も素晴らしいし、渡辺篤郎さんの味のあるベテランの演技とダジャレも楽しみです。
こちらも色々と裏の事情がありそうで、単なるドタバタコメディではありません。
  
この二つ、敢えて1、2を付ける(優劣、甲乙ではなく)ならば、いきものがかりです。
俳優力として、渡辺篤郎さんと橋本環奈さんは超強力です。

コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

空調機の無いおうち♪ [地域情報]

7月27日(木・休)割と体調の良い休日の午前のお散歩(8:10発)18.38km

先週くらいから、昨秋買った空調機を本格的に使い始めました。

設定温度は29℃と若干低めですが、お休みモードにしているのと、寝室と空調機設置室の間には一部屋(リビング)があるので、効きは劇的ではありません。

つまり、過剰に寒くなることはありません。

よって、朝は気持ちよく目覚めることができました。

空調機は有効に稼働しています。


今日は、橋の駅ドロンパ(ド・ドドンパではない)行きです。

往きは田園経由の若干回り道で、1時間以上かかって到着です。

汗ビショでベンチに座ります。

直射日光が凄すぎるので、店舗傍の日陰のベンチに移動します。

済みません、頭の汗、上体の汗、足腰の汗で、地面がビショビショです。

ま、屋外のベンチなので・・・。

目的地といっても、買い物をするわけではなく、トイレ休憩・給水のポイントということで、約10分後には復路の出発です。

復路は、往路と違って直行に近いルートですが、疲れと、気温上昇のため、矢張り1時間以上かかります(笑)。


さて、実家には、未だに空調機がありません。

周囲は三方が水田で、湿潤度満点♪

窓を開けると、温かい蒸気風が爽やか(?!)。

この前実家を訪れた時は、道路側も開けて、四方の窓を開けてくれました。

2階の寝室は、夜でも34度をキープしているらしいです(昼間は38度でしたが。)。

私が費用は負担するから空調機を設置しよう、と説得しているのですが、頑なに拒まれています(母親は設置したそうなのですが。)。

確かに昔は私もこの家で空調機無しで夏を過ごしていましたが、今は明らかに昔より何℃かは暑いし、湿度も高い。

今の実家では、屋内に蛇や蛙の姿も見ることができません。

暑過ぎるのです。

鼠(ネズミ)も居ないので、朝鮮鼬(イタチ)も餌が無い。居るのか居ないのか。

猫は、5年前に勝手に居付いた野生の王者(半年で成長すると⇒大型で筋肉が発達したその体型・体格、優れた運動能力と、異常に警戒心が強く、母と弟以外には全く懐かない性格から、ネコ科であっても「ネコ」ではないのではないかと思いますが。野性的で警戒心が強いが、美しく品がありました。)が4年前に病死して以来、他の猫は飼う気がしないとのこと。

猫がいなくなって、チョウセンイタチが入り込んでいた筈ですが、蛇も鼠も居なくなると、彼らも暮らしが立ち行かないでしょう。


コメント(0) 
共通テーマ:地域

足は痛いし、心臓も苦しい~♪ [暮らし]

7月20日(木・休)最近どうしても出発が8時を過ぎるお散歩(8:20発)19.02km

出勤日と同じ時刻に起きても愚図愚図するため、休日の出宅は1時間以上遅れてしまいます。

今日は、忘れ物があって引き返したため、さらに10分の遅れ。

外に出ると、陽が陰って単なる高温高湿に過ぎないので、ダメージはそれほど大きくはないと感じました。

で、久々に25kmコース(金立SA-大和IC経由)を取ろうとしたのですが、発汗量は意外に多く、8kmくらいで体がふらついてきました。

給水もするのですが、間に合わないくらい汗が出る。 


昨日、仕事帰りの自宅駐車場で車から降りると、頭がふらふら、体もグラついて真っ直ぐ歩けない。

執務中に軽い熱中症に罹ったような感じです。

酩酊して千鳥足の状態(20年以上前は飲酒していました。)ではなく、

〔(前進麻酔で立っていられない)×3+(バットに頭を付けて10回廻る)×2〕÷ 4 という感じです。 

この感じが、お散歩中にも来ているようです。

で、2分ほど日陰にへたり込んで。

ずっと休んでいるわけにもいかないので、立ち上がってジョグ、ふらつくのでまた休む、ということを数回繰り返し、コースをショートカットして死なずになんとか帰還いたしました。

斯様に、この時期の日中の外歩きというのは命がけになってしまいます。

矢張り、朝の5時出発、7時帰還という嘗てのスケジュールに戻る必要があるようです。 


7月22日(土)と思いつつも何故か遅い出発の暑いお散歩(8:13発)16.94km

頭のフラフラ感はありませんでしたが、胸(心臓)が苦しい。


7月23日(日)ちょこっとずつお散歩することにしました。

まずはお昼前の小散歩(11:05発)6.68km 

でも、この程度でも十分に胸が苦しくなります。

汗ビショで帰還、シャワーで涼んだ後、エレンタールの昼食を摂りながら、前川清さんの「まんてんタビ好き」を観ます。これは観逃がせない。


テレビを観たり読書した後、続いて、

本日二度目となる、午後(夕刻)のお散歩(16:16発)12.01km

分けてみましたが、疲れは、何となく日で積算されているような

足は痛いし、心臓も苦しい、ワァ、ワァ、ワッワァー~ ♪(死んでないけど。)

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

日野原重明先生のご逝去を悼み・・・☆ [本源]

本日、平成29年7月18日(火)午前6時33分、日野原重明先生が御逝去なさいました。

お昼休みにヤフーのニュースを見て、仰天いたしました。


心より、日野原重明先生のご冥福をお祈りいたします。


詳しくは書けませんが、30数年前、勤務先で総務にいた私は、社外の専門家も含む会議で最低年に1回来社される日野原先生と接する機会が数年間ありました。

また、その数年後にも。

当然ながら、個人的な会話は有る筈がありません。


そのうち、1~2回、当時当地に勤務されていた福井先生が愛車で日野原先生の空港送迎をしていただいたこともあるように記憶しています(その年以外は、総務課長が随行して社用車で送迎)。

送りは、会議後の懇親会の後ですが、閉宴まで別室で待機いただいていました。

日野原先生と福井先生は、とても良い師弟関係にあるように感じられ、人前での会話は少なかったように記憶していますが、車中ではいろんなお話をなさっていたのではないかと、当時想像していました。。

 

実は、ひと月ほど前、何故だかふと日野原先生のことを思い出し、ネットで検索し、いろんな新しい情報を得ました。

その一つに、俯せで寝るという先生の寝方がありました。

適した枕や、胴体の下の敷物のこと、脚の配置など、大いに参考にさせていただきました。

適した枕を未だ購入しておらず、きちんとは実践できていませんが、いずれは、と思っています。


ご逝去に伴い、喪失感と淋しさは感じています(日野原先生が地球で活動されているというのは、万人にとって希望であり、生きる励みであったと思います。)が、、〇〇ロスとか言って落ち込んでいるわけではありません。

 

報道によれば、福井先生が胃瘻、経管栄養をご提案なされたが、日野原先生はこれに応ぜず、自然な経口摂食を続けることを選択されたとのこと

経管栄養を拒否した理由について福井院長は「人工的で、自然な人生の終え方ではないと考えていたのではないか」と推し量る。』(毎日新聞より部分的に引用)

『今月14日に言葉を介した意思の疎通が困難になった。17日に福井院長が耳元で「何かつらいことはありませんか」と尋ねると、強く顔を横に振ったという。「日野原先生は常々『死は生き方の最後の挑戦』『命に感謝して死んでいけたらどんなにいいだろう』と話していた。望ましい人の生き方を実践して生を終えたのではないか」。福井院長は振り返った。』(毎日新聞より部分引用)。


先ず以て、福井先生と日野原先生の強い絆、信頼関係を感じます。

また、生まれた生き物が命を終えるのは自然なプロセス:我々が死ぬのは当然で、現生に執着し過ぎることなく(かと言って、生き急がず死に急がず淡々と(決して喜々としてではないが)、自然体で生物の進行過程を歩みましょう、という前向きの気持ちにもなるのです。

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

散歩中の路上死を避けよう♪ [散歩]

7月13日(木・休)大学病院で外来受診、帰宅して午後のお散歩(14:35発)13.74km
          
自己免疫過剰系の全身疾患で、原因不明、治療法未確立の難病なので、軽快増悪の判断基準は難しいところですが、肝機能は微小良化の傾向もありました。
今日も出血が少なかったので、帰宅して昼食(エレンタールなど)を取った後、お散歩には出かけました。
梅雨時ですが太陽が存分に存在感を示しています。
疾病老人にとってはフルスペックの危険モード♪
行旅死亡した時の発見を早めるよう、市街地中心の行程を取りました。
発見されたときは既に死んでいますが、腐敗が進み道路管理者と近辺住民に迷惑をかけないよう、早期発見を心がけるのが疾病老人の務めです。
今年の夏は暑いようです。
命がけでジョグってどうするっ!!
儂はジョグウォクっている!!
ふらつく。
熱中症ではないのですが。
しかし、熱中症でなけれな良いという問題でもありません。
昔は日射病というものもありましたし。
ちょこちょこと日陰で休みます。
疾病老人がこんな高温の白昼に屋外を徘徊するのは正気の沙汰ではない。
今後、気を付けたいと思います。
          
7月15日(土)夏は矢張り涼しい朝のうちにお散歩(8:37発)13.85km
        
しかし、8時30分は、もう涼しくない。
心臓が苦しいお散歩となります。
歩くだけでも汗まみれ。
午前だけど、一昨日と同程度の距離でギブアップです。
筋肉はまだまだイケると言っていますが、体力の根幹、心肺機能が危なくなっています。
頭痛もしてきましたし、倒れる寸前でしょう。
今年の夏はこんなところが限界かもしれません。
いや、齢に病が加勢して、年々ではなく、日々脆弱化、衰弱が進んでいるようです。
特定疾患老人、酷暑に無理をして馬鹿死にする、と言われないよう、賢い自粛です。
明日は限界がもっと低くなっている筈です。
       
7月16日(日)たっぷり寝たため遅い午前の暑いお散歩(9:55発)14.11km
      
7月17日(祝・月)左足の痛みを無視した暑い午後のお散歩(14:57発)12.97km
晴れた日のこんな時間に出かけるなんて。
何度か死ぬかと思いました。
ゆっくりジョグしているのに胸が苦しい。
日光も、日焼けというより、火傷になりそうな強さ。
日陰を探して彷徨徘徊する有様。
   
矢張り、日の出前にお散歩せねば。

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

筆記法(鉛筆の持ち方)に悩む。 [残念な結果]

7月8日(土)豪雨期の貴重な曇時を狙った午前のお散歩(9:22発)16.06km

午前9時頃は一日お天気は好さそうだったので、直鳥クリーク公園経由のコース取りを企図して出発しましたが、兵庫保育園交差点手前で雷音を聞いて怖気づき、交差点を右折せず左折して、雷から逃げ場の少ない郊外を忌避しました。

併せて、暫時、自分の体力を越えた速足(はやあし:まるでランニング)となってしまい、早々に足裏だけでなく大腿部(前も後ろも)にガタがきてしまいました。

ざっくり言えば、環西にぶつかって右折北上、34号にぶつかって右折東進、国立病院前で右折南下、以下省略というところですが、ところどころ歩きました。

今日のクラッシュの原因は、一つには雷を恐れたランニングペースにあると思いますが、隠れた原因として、7月6日(木)私にとって休日乍ら雨天のため外出を完全に取り止め室内運動に徹したことがあろうかと思います。

脚が動かなくなるまで筋トレしたのは何十年ぶりです。

筋肉に良い筈はありませんが、休日に外出しないとこんなことになります(碌なことは無い。)。

 

7月9日(日)右脚(足ではなく)が痛くて半分は歩きのお散歩(14:42発)11.52km

前日からの右脚大腿部の痛みが引かないので、治癒的なお散歩を施行。

距離は短いが、止まったり歩いたりの時間が多く、時間はかかっています(時速6km)。

お陰様で、出発前より痛みが軽減しました。

無理をしていないので、やり過ぎ麻酔効果ではないと思います。 

 

それはそれとして、このところ、欠損した手指第一関節周辺部の痛みが強くなって困っています(熱も持っているようで、そうすると、リウマチの要素も併せ持つハイブリッド疾病?)。

関節自体に何かが触れると痛いのはこれまで通りですが、ちょっと力がかかると周辺部も可成り痛むようになってきました。

おまけに、右人差指の変形(左曲がり)が30度を超えて来ました。

文字を書くことで人差指に力がかかり、第一関節部の変形に拍車がかかっているようです。

最早、署名もきつい(痛い)状態ですが、仕事では文字を書かないわけにはいきませんので、人さし指を使わない書き方を編み出し、それに習熟するしかないようです。

お箸がもっと使いづらいですが。

コメント(0) 
共通テーマ:健康

ニューバランス MW955 は調子よい♪ [服装]

7月1日(土)晴れた暑い午前のお散歩(9:35発)17.07km


7月2日(日)晴れた暑い午後のお散歩(14:45発)18.51km

 
話は変わりますが、先般言及の新規購入徒歩靴:ニューバランス MW955 4E は、期待どおり、すこぶる具合がよろしい。[わーい(嬉しい顔)]
 
職場で使い始めたのですが、足裏に優しいことこの上ない。
足裏に感じる靴底がとても柔らかい。
柔らかいが、決して接地面の「固さ荒さ」を足裏に伝えることのない強さ、ソリッドさを備えています。
普通の撒菱(まきびし)なら、強く踏んでも大丈夫、決して足裏を負傷することはない、と、そんな感じです(あくまで個人の感想です。)。
これは、職場での仕事靴として購入したのですが、本当のウォーキング用にもう一足購入したいという気さえします。
 
公的保険料(医療&年金)や諸税(所得税&住民税)を引けば、同条件下の生活保護をだいぶん下回り、
私的保険料や住まいの諸経費(共益費&光熱水料etc)を引けば、その段階でマイナスとなり、
さらに食費&医療費&奢侈費も含めて、相当額を預貯金の取り崩しで賄う ワーキングプア爺の儂。
そんな貧乏老人が、徒走靴に加え、徒歩靴を複数備えるというのは、ある意味反社会的行為かもしれないので、ここは慎重に考えたいと思うのです。
そんな無駄な浪費は控えて、社会的に有用な寄附に充てるべきというのは当然です。
 
奢侈浪費は、酒、煙草、賭博(パチンコ、競輪、競馬、ボート、オートetc)、遊郭、ドライブ、美味飽食といった悪行を超える、まさしく重篤な反社会的行為であることは重々承知しております。
犯罪ではないが、魂の罪である、ということになるのでしょうか?
徒歩靴を購入することが罪なのではない、複数購入するということが問題なのです。
 
しかし、一足目は、15年前にウォーキング用に購入して、後に仕事用に転用した徒歩靴がアッパーが破れ仕事に不適となったため、代替のため購入したものなのです。
職場のロッカーに置き、出勤してからこれに履き替え、退勤時には昔からのビジネスシューズに履き戻すのです。
これを以て一足目と数え、新たに私的散歩用に徒歩靴を購入することを反社会的行為と謗ることが果たして適切なのか?と、自分を弁護する浅ましい自分がいます。

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感